結婚できない女の特徴とは?ひゃー!一生独身はヤダー!

投稿日:

結婚できない女

世の中には、本人が望んでいるのにもかかわらず、なかなか結婚相手が見つからずに、お悩みの女性や、そんな女性を心配するご家族が少なからず存在します。

職場の同僚や学生時代の友人など、周りの女性が次々と結婚していくと、焦りを感じてしまうものですし、結婚が決まって幸せそうにしている女性を見ると、独身であることがみじめに思えきててしまうものですよね。

早く相手を見つけて、幸せな将来を築きたいなら、なぜ結婚できないのか?その理由に真摯に向き合わなければいけません。

実は、男性の多くは、恋愛相手と結婚相手は、それぞれ別の視点で選ぶ傾向があります。

そのため、恋愛相手と結婚相手では、それぞれに望むことに、大きな差がある場合も多いです。

どちらかと言いますと、恋愛相手は見た目が重視されやすい傾向があるかもしれませんが、結婚相手には、結婚に適性があるか否かが重視されやすくなるようです。

そういった点も踏まえながら、結婚できない女性にありがちな特徴について、これから詳しくお伝えします。

理想が高すぎる

結婚相手に望む条件が高ければ高いほど、必然的に、その条件を満たす男性が少なくなってしまうので、婚期を逃しやすく、結婚できる確率はどうしても下がってしまいます。

誰だって、自分の結婚相手には、理想の条件に近い人を求めるものです。

しかし、結婚している人の多くは、どこかで相手に対して妥協点を見出しています。

それこそ、何から何まで理想にぴったりの相手と結婚している人を探す方が難しくなるでしょう。

理想が高いといっても、見た目にこだわるタイプや年収や職業にこだわるタイプ、価値観や趣味嗜好の一致などにこだわるタイプなど、いろいろと存在します。

中には、見た目、年収、職業、価値観や趣味嗜好の一致など、すべてにこだわって、それらの条件を満たしていない相手以外受け入れられない、という女性も存在するようです。

往々にして、そういう女性は、例えば、

・容姿が良い

・高学歴

・社会的地位の高い職業に就いている

など、自分に絶大な自信がある場合が多いです。

いずれにせよ、理想が高くなればなるほど、結婚から遠ざかりやすくなることだけは確かです。

当たり前の話ですが、世の中に完璧な人なんていません。

高望みしすぎずに、譲れない条件と妥協できる条件について、もう一度よく考えてみてはいかがでしょうか。

友達に相談してみるのもよいでしょう。

既に30歳を超えている

女性の結婚適齢期が23歳~24歳であった時代もあったようです。

そのため、女性はクリスマスケーキと同じで、24歳までは売れるけど、25歳になったとたんに売れ残りが続出する、とまで言われていたようです。

今は、 晩婚化が進んで、24歳までに結婚している女性は、むしろ珍しいくらいになってきました。

しかし、今も昔も、多くの男性が結婚相手に望むのは、なるべく年齢の若い女性であることに変わりはないようです。

年齢が若いということに、明確な基準はありませんが、やはり、問題なく出産ができるという年齢が該当するようです。

そのため、婚活に励む多くの男性は、30歳未満の女性を希望しています。

年齢が30歳から高くなればなるほど、結婚しづらくなるというのがシビアな現実のようです。

この特徴にあてはまる場合は、30歳以上限定の婚活パーティに参加するなど、30代以上の男性に的を絞って婚活に励む、というのも一案です。

また、「自分は男性を選べる立場ではない」ということをよく理解して、高望みしすぎないように相手探しをすることも大切です。

厳しい言い方になってしまいますが、30歳を過ぎているのに、「自分は面食いだから、イケメン以外は対象外」なんてわがままを言っていたら、相手が見つかるわけがありません。

仕事ができ経済的にも精神的にも自立している

いわゆるバリバリのキャリアウーマンが該当しそうです。

仕事をバリバリこなして、経済的にも精神的にも自立している女性は、かっこいいですし、多くの仕事を持つ女性の憧れの存在です。

男性からも一目置かれるでしょう。

確かに、キャリアウーマンは、男性にとっても、仕事のパートナーとしては、理想的な存在になるかもしれません。

しかし、結婚相手としては、けして理想的とは言えないようです。

そういう女性は、どこか男っぽいように見えてしまい、例え美人でも、結婚相手としては見れないようです。

また、多くの男性は、女性から「頼りにされたい」という欲求を潜在的に持っています。

仕事ができ、経済的にも精神的に自立している女性ですと、男性の出る幕がなく、その欲求を満たすことができないのです。

それどころか、常に劣等感を刺激され、「とてもでもはないけれど、結婚して一生一緒に過ごすなんてできそうにない」と思われることになりやすいでしょう。

出会いを求めて積極的に行動しない

結婚できない理由を出会いのないせいにして、自分から出会いを求めて、積極的に行動を起こしていないケースは、思いのほかたくさん見受けられるようです。

幸せと同様に、結婚も自らの手で掴み取るものです。

受け身の姿勢では、ダメです。

歌の文句ではありませんが、結婚も幸せと同様に、歩いて結婚を望む女性の元にやって来てくれるわけではありません。

結婚を心から望むのであれば、行動あるのみです。

どこに出会いが待っているかはわかりません。

・婚活サイトに登録する

・各種婚活イベントに積極的に参加する

・友人や知り合いに紹介を頼む

など、男性との出会いを増やす方法はたくさんあります。

出会える可能性のあることは、それこそしらみつぶしに当たるくらいの勢いで、出会いを求めて行動範囲を広げましょう。

昔は、30歳を過ぎても独身だと、会社の上司が見合い話を持ってきてくれたり、周りがお節介をしてくれたものです。

時代が変わって、そういうのもかなり少なくなりました。

今の時代、自分からチャンスを作っていかないと、相手を探すのは難しいと言えるでしょう。

料理が苦手

これはハッキリいって、結婚するのに致命的といえるほど、大きな支障になる特徴といえるでしょう。

単純に考えても、男性から見れば、結婚して、毎日、不味い料理ばかり出されると、さすがにそんな家に帰りたくなくなってしまうものです。

もちろん、今は、料理好きな男性も一定数存在しますが、まだまだ「料理は女性に任せたい」と思う男性の方が多いのが現状です。

幸い、料理は、コツさえ押さえれば、多くの場合誰でもそれ相応に上手になれるものです。

料理教室が流行るのもそのためです。

料理が苦手な人は、根っからの味音痴というわけでもなく、ただ単に、諸事情により、これまで料理をする機会に恵まれていなかっただけ、という場合も多いものです。

婚活の一環として、料理の腕を磨いておくことで、損になることはなにもないでしょう。

整理整頓が苦手

こちらも、料理が苦手と同様に、結婚には不向きと判断され、結婚対象からは外されやすくなります。

整理整頓が苦手ですと、どうして部屋が散らかり放題になりやすいものですからね。

散らかった部屋にいると、誰だって落ち着けず、気持ちもイライラしやすいものです。

独身男性の多くは、一人暮らしの自分の部屋が散らかっているときに、「ああお嫁さんが欲しい」と切実に思ってしまうことがあるようです。

今も昔も、整理整頓や料理が得意な女性を結婚相手に希望する男性は、相当数存在します。

特に、一人暮らしの女性は、注意が必要です。

彼氏ができて、初めて自分の部屋に連れてきた時に部屋が散らかっていると、ため息をつかれてしまうでしょう。

お洒落や美容にお金をかけすぎている

独身女性の多くは、お洒落や美容にお金をかけるものです。

ただそれも限度があり、必要以上にお金をかけすぎてしまうと、男性から、結婚相手として厳しい目で見られやすくなるようです。

これは、本人は浪費しているつもりはなくても、おしゃれや美容に必要以上にお金をかけすぎていると、男性に「金銭感覚が合わなそう」と思われやすいためです。

また、よほどの経済力のある男性は別として、ブランド好きの女性や高級志向の女性も、金のかかる女として、多くの男性から結婚相手としては敬遠されやすくなるようです。

もし、あなたが高級品を身にまとっていた方がモテる、と思っているなら、それは勘違いです。

多くの男性は、経済観念がしっかりしていて、つつましやかな生活ができる女性を結婚相手として望んでいると考えましょう。

愛嬌がない

「女は愛嬌」といわれるくらい、女性にとって愛嬌は、男性に愛されるための必要不可欠な要素です。

男性なら、誰だって、愛嬌がよく笑顔で出迎えてくれるような奥さんの元に帰りたいものです。

逆に、愛嬌がなく、無愛想で仏頂面の女性を誰も奥さんにしたいとは思わないものです。

やはり、その人の内面というものは、見た目に反映されやすくなるようです。

明るい性格で、何事も前向きに考えられるタイプは、それが表情にもあらやすいですし、全体的にハッピーな雰囲気に包まれていて、一緒にいて楽しい気分になれるものです。

逆に、物事をネガティブに捉えてしまうタイプは、表情が暗く、どうしてもマイナスオーラに包まれてしまうものです。

「一緒にいて気分が落ち込む相手と結婚したい」とは、さすがに誰も思わないでしょう。

なかなか結婚相手が見つからないと、どうしても気持ちが落ち込みやすいものですし、先に結婚できた人を嫉妬しやすく、知らず知らずにマイナスのオーラを身にまといがちになりやすいものです。

そのことが、ますます結婚を遠ざけることになるという悪循環に陥りやすいので、その点はくれぐれも注意が必要です。

以上となりますが、一日も早く旦那さんを見つけたいなら、結婚できない女の特徴を反面教師にして、対策を打っていくしかありません。

生涯独身の女性の末路は、最後を誰にも看取ってもらえず、悲惨なものです。

そうならないためには、現状を真摯に受け止め、努力をするしかありません。

頑張ってください!

-恋愛の悩み

Copyright© 生き方ラボ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.