儲かる仕事とは?年収1,000万以上欲しいならこの仕事!

投稿日:

儲かる仕事

将来のことを考えると、年収は多ければ多いに越したことはありませんよね。

なんだかんだ言っても、お金がなければ暮らしにくい世の中ですし、「どうせ仕事に就くなら、高収入が望める儲かる仕事に就きたい」そう思って当然です。

そこで今回は、1,000万円以上の年収が見込める儲かる仕事をご紹介します。

ただ、一言で「儲かる仕事」といっても、簡単に就ける仕事もあれば、特別な資格やスキルが必要な仕事もあります。

そのため、この記事を読んでいる方が混乱しないように、大きく以下の3つに分けて、儲かる仕事を紹介していきます。

・特別な資格やスキルは必要のない仕事

・難関国家資格が求められる仕事

・高学歴&ハイスキルが求められる仕事

「将来的に儲かる仕事に就きたい!」とお考えの学生の方や、今の収入に満足できず、もっと収入のよい仕事への転職をお考えの方の参考になれば幸いです。

特別な資格やスキルは必要のない仕事

これから紹介をする3つの仕事は、特別な資格やスキルは必要ありませんし、その仕事に就く難易度も高くはありません。

ただ、大きく稼ぐためには、人並外れた努力や根性が必要な仕事です。

それでは、行ってみましょう。

不動産販売の営業

一戸建てや分譲マンション、土地を販売する不動産の営業は、数ある営業職の中でも、特に高い収入が望めることで有名です(売れればですが)。

これは、売る商品が不動産という性質上、販売価格がかなり高額なため、1件売るだけでも高額な歩合が入るためです。

ただ、不動産は、高額ゆえにそう簡単に売れるものではなく、1件も売れずに、会社から激詰めされて、精神的に参ってしまう人も少なくありません。

実際のところ、激務で離職率が高い仕事なので、一年中求人されています。

そのため、入社難易度も高くありません。

基本的に、業界未経験だろうと、営業の経験がなかろうと、選考で不利になることはありません。

また、学歴もまったく重視されないので、中卒だろうと高卒だろうと関係ありません。

どのくらい稼げるかについては、本人の努力次第によるところが大きいです。

営業成績がトップクラスになると、年収1,000万円以上は余裕で稼げます。

年収2,000万円、3,000万円が普通かもしれません。

ただし、その数は一握りですし、誰でもそれだけ稼げるわけではありません。

向いてる人には、「きついけど稼げる仕事」と言えますが、不向きな人にとっては、「奴隷のように扱われる辛い仕事」と言っても過言ではありません。

ちなみに基本給は、新卒入社でも中途でも、月収20万円~25万円程度になります。

そのため、歩合給がつかなければ、けして儲かる仕事とは言えません。

不動産販売の営業は、1件当たりの歩合が大きいので、売れば売るほど、高収入を得ることができる点が何より魅力です。

明るく元気で、根性があって、血のにじむような努力ができる人には、おすすめの仕事と言えるでしょう。

ホストやキャバ嬢

夜の仕事は、実力次第で大きく稼ぐことができます。

仕事に就くためのハードルも、決して高くありません。

ホストもキャバ嬢も、極端に容姿とコミュニケーション能力に問題がなければ、20代であれば、問題なく採用されます。

ただし、ホストの場合は、労働条件が過酷なので、すぐに辞める人が多いです。

どれくらい稼げるかについては、個人の努力や働く店(大都市の繁華街ほど稼げる)によって異なってきます。

売上トップクラスになると、年収1,000万円以上は、余裕で稼ぐことができます。

よくテレビにも出ているような有名ホストになると、年収1億円以上は稼いでいるようです。

ただ、大金を稼げるのは、一部のホストだけです。

実際には、サラリーマンよりも低い給料のホストが大半を占めます。

ホストの基本給はかなり低いので、自分の客をどんどん増やして、歩合給の割合を増やしていかなければ、逆に割の悪い仕事になってしまうでしょう。

完全歩合制になっている店も多く、その場合は、売上がないと実質給料がもらえません。

また、客が飲み代を支払わないと、その分を自分で補填しなければいけないため、給料がゼロになってしまうことも。

売掛金(不払いの飲み代)が回収できなくて、辞めてしまう人が多いのが実情です。

これが水商売の厳しい部分です。

キャバ嬢の場合は、ホストほど労働条件は過酷ではありません。

基本的に時給制で働くのが一般的ですが、最低時給を2,000円以上に設定しているお店が多く、3,000円、4,000円なんてお店もあります。

時給に指名料が加わるので、月給で30万円~50万円程度になることが多いです。

ただ、年収1,000万円以上を稼ぐようなキャバ嬢は、店と交渉して、完全歩合制(売上の何%かが入る)で働いている方が多いです。

売上が多い場合は、時給制よりも完全歩合制のほうが稼げるからです。

その場合は、お店の社員として働くのではなく、個人事業主として業務委託を受けている形でお店で働くことになります。

人気キャバクラ店のトップともなると、1億円以上の年収があるようです。

この仕事でトップになるためには、トークスキルを磨くことをはじめ、新聞を読んで、社会情勢に関する幅広い知識を身に着けるなど、相当な努力が必要になってきます。

たくさんお金を使ってくれる男性の大半は、企業の社長なので、そういう人たちと対等に話をするには、多少は社会について知っておかないと難しい、ということです。

単にルックスがよければ稼げる、というほど甘い世界ではありません。

さらに、ホストもキャバ嬢も若さが命なので、30代を超えると大幅に収入がダウンしてしまいます。

実質40代の需要は、ほぼないと考えましょう。

20代に稼ぐだけ稼いで、その資金を元に起業するというパターンが多くなるようです。

アフィリエイター

自分の運営サイトに、アフィリエイト広告(成果報酬型の広告)を設置して、広告収入を得る仕事です。

インターネットが使える環境とパソコンさえあれば、比較的、簡単に始めることができます。

また、フリーランスとして取り組める仕事なので、好きな時に働けるのも魅力ですね。

トップクラスのアフィリエイターともなれば、月に100万円以上は余裕で稼ぐことが可能です。

ただし、それは全体のおよそ1%にも満たないというのが現状です。

ただ、その1%の中には、年間1億円以上を稼ぐ人も含まれており、努力次第で大きく稼げる夢のある仕事とも言えます。

やはり、多くの収入を得るためには、WEBからの集客スキルや稼げるサイトの作り方、アフィリエイト業界の実情など、多くの知識が必要になってきます。

そういったスキルをしっかりと身に着ける努力を地道に続けさえすれば、高収入を得ることもあながち夢ではない、と言えそうです。

難関国家資格が求められる仕事

これから紹介をする5つの仕事は、一度なってしまえば、安定的に儲けることができる仕事になります。

ただし、その仕事に就くためには、難関国家資格を取得してければいけない仕事になります。

弁護士

弁護士になるには、司法試験を受けて、それに合格して資格を取得する必要があります。

司法試験の難易度は極めて高く、合格のためのハードルはかなり高いと言えますが、高収入が見込める仕事であることは間違いありません。

弁護士の平均年収は、約1,030万円になりますが、人によってバラツキが大きくなるようです。

弁護士事務所などに勤務している雇われ弁護士でも、中小と大手では、年収が全然違いますし、独立して自分の事務所を構えている独立弁護士でも、年収に大きな差があるようです。

例えば、雇われ弁護士の場合は、30代で年収600万円というケースもあれば、5,000万円というケースもあります。

独立開業をしている弁護士の場合も、年収300万円というケースもあれば、年収1億以上を得ているケーもあるようです。

弁護士の世界も、かなりの実力主義になっている、と言えるでしょう。

公認会計士

公認会計士の資格は、医師や弁護士の資格と共に国家三大資格に挙げられるほど難易度が高いです。

しかし、その分、高収入であり、平均年収は、約1,040万円になります。

資格取得後は、大手の監査法人に入るのが王道と言われています。

ちなみに大手監査法人に就職できた場合、1年目から500万円以上ももらえます。

その後、本人の努力次第で、4年目で年収800万円程度、7年目で年収1,000万円程度、15年目で1,500万円超の収入を得ることも十分に可能です。

監査法人に就職する以外は、組織内会計士として、一般企業に就職をするという道もあります。

税理士

税理士も難関国家資格の一つです。

ただ、税理士の場合は、どれだけ時間はかかっても、5つの科目試験にすべて合格すればいいので(例:1年毎に1科目ずつ合格して、5年で5科目でもOK)、そう意味では、末永く目指せる職業と言えます。

そのため、合格率は、合格までにかかった期間で異なってきます。

ちなみに、5年以内の合格率はおよそ25%、10年以内の合格率はおよそ60%となっています。

気になる年収ですが、人によってかなりバラツキがあります。

例えば、独立開業している税理士の場合は、平均年収は3,000万円と言われていますが、勤務税理士の場合は、平均年収は700万円くらいになります。

独立税理士は、かなり儲かる仕事と言えそうです。

勤務税理士の場合も、大手税理士法人に就職できた場合は、数年で1,000万円を超えますが、小さな事務所の場合は、400万円台なんてケースもあります。

平均すると、一般企業よりも稼げる仕事であることは確かですが、大きく稼ぐには、独立するか大手の税理士法人に入社する必要がありそうです。

医師

医師の国家資格を得るには、大学の医学部を卒業する必要があるため、実質的な難易度は相当に高くなります。

平均年収は、約1,230万円と数ある職業の中でも一番高いです。

ただ、年収については、勤務医と独立開業医で大きな違いが出てきます。

勤務医の場合は、800万円~1,200万円くらいが年収の相場になります。

独立開業医の平均年収は、約3,000万円と言われていますが、中には、患者を確保できなくて、勤務医並みの年収になってしまう、なんてケースも無きにしも非ずです。

そうは言っても、勤務医であろうと、独立開業医であろうと、一般的なサラリーマンに比べれば、儲かる仕事と言えるでしょう。

航空会社のパイロット

航空会社のパイロットになるためには、定期運送用操縦士の資格が必要になります。

資格を取得するためには、航空大学校に入学して、在学中に取得するという方法が一般的です。

難易度は相当に高いと考えられます。

航空会社のパイロットの平均年収は、約1,190万円になります。

ただ、航空会社の規模によって、年収は大きく異なります。

当然、大手の航空会社のほうが給料は高くなります。

大手の場合は、パイロットとしての経験を積むことで、将来的に年収2,000万円程度は、見込めるようです。

高学歴&ハイスキルが求められる仕事

これから紹介をする6つの仕事は、正社員として会社に入社することさえできれば、将来的にかなりの収入が保証されている仕事ばかりです。

ただ、入社するためには、高学歴&ハイスキルが求められるため、誰でも簡単に入れるわけではありません。

外資系金融

外資系金融とは、外国に本社を置く金融業のことで、主に投資銀行、外資証券が該当します。

企業の資金調達を手伝ったり、株式や為替の販売、富裕層の資産管理をするのが主な仕事内容です。

ゴールドマンサックスやシティグループ、クレディスイス証券などが該当します。

年収は、成果によっても変わってきますが、平均年収は2,000万円以上と考えてよいでしょう。

採用は非常に狭き門で、難関大学卒以上の学歴がないと、入社試験ではじかれます。

また、外資系のため、英語力(TOEIC700以上)も必要になります。

M&A

企業間の合併や買収の仲介を行なうのが主な仕事内容です。

日本M&AセンターやM&Aキャピタルパートナーズなどが該当します。

企業間の合併や買収が成立するたびに、その際の手数料を受け取りますが、それはかなり高額なので、会社は高い利益を得ることができます。

M&A関連企業は、日本の企業の平均年収のランキングの常に上位にランキングされています。

平均年収は、約2,000万円以上と考えてよいでしょう。

大手総合商社

世界を相手に、 食料品、工業製品、サービス、資源エネルギーなど、様々な商品の輸出入の仲介をするのが主な仕事です。

三菱商事、三井物産、住友商事、伊藤忠商事、丸紅などが該当します。

これらの大手総合商社で働くことは、今も昔も多くのサラリーマンの憧れですね。

平均年収は、各商社によって多少異なるものの1,300万円~1,600万円と軒並み高収入です。

大手広告代理店

CM広告や新聞広告などを活用して、企業の売上アップやブランド力の向上につながる提案するのが主な仕事内容です。

ただ単に、代理店として広告の提案をするのではなく、CMの制作にも携わるなど、1~10までサポートをする提案力が求められます。

電通や博報堂、ADKが該当します。

いずれも就職難易度は、最難関レベルです。

平均年収は、1,000万円~1,200万円が一応の目安となっています。

仕事は激務で、精神も肉体も頑強でないと、なかなか続けられない職業のようです。

テレビ局

テレビで放映する番組の制作に携わることが主な仕事内容です。

ディレクターやアナウンサー、記者、カメラマンなど直接、番組に携わる仕事の他に、営業や人事、事務など一般の企業と同じ仕事もあります。

年収は、担当する仕事によって異なってきますが、30代で年収1,000万円以上が見込めるようです。

大手コンサルティングファーム

コンサルタントとして、企業が抱えている様々な問題や課題に対して、解決策を提案するのが主な仕事内容です。

経営に関すること、企業戦略に関すること、人事に関すること、ITシステム化に関することなど、中小企業~大企業まで、企業が抱える様々な問題を解決していきます。

特定の領域や業界、業種に特化した様々な種類のコンサルティングファームが存在します。

有名どころとしては、マッキンゼーやボストンコンサルティング、アクセンチュアなどの外資系コンサルが挙げられます。

大手コンサルティングファームの平均年収は、1,000万円以上で、業績次第では、2,000万円以上も狙えます。

ただ、コンサルタントになるということは、例えば、経営コンサルタントの場合は、企業の経営者とも対等に話ができないと務まりません。

そうとう頭がよくないと、務まらない仕事であることは、確かです。

以上となりますが、世の中の儲かる仕事をたくさん紹介させて頂きました。

人よりもたくさんお金をもらうためには、普通の人にはないレベルのものが求められます。

それは、特殊なスキルの場合もあれば、血のにじむような努力の場合もあります。

また、どんな仕事であろうと儲かる仕事にできる、ということも忘れてはいけません。

例えば、入社した会社が中小企業で、今の年収が300万円だったとしても、必死で努力して昇進を勝ち取り、部長や役員になれれば、年収1,000万円も夢ではない、ということです。

そういう意味では、儲かる仕事に就けるか否かは、自分次第とも言えるでしょう。

-仕事の悩み

Copyright© 生き方ラボ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.