お金を貯める方法ならコレを試してみて!目指せ貯金王

投稿日:

お金を貯める

「お金を貯めたい!」そう思ってはいるけれど、「その方法が今ひとつわからない...」という方や「どうも貯金が苦手...」という方は、意外と多いものです。

万が一の時のために、貯蓄があると安心ですし、お金は多ければ多いに越したことはありません。

ただ、そもそもお金は、本来、使うためにあるもので、貯めるためにあるものではありませんね。

そのため、無理して貯めようとすると、どうしてもストレスが溜まります。

例えば、お金を貯めるために、

・食費は限界まで節約する

・誰とも遊ばない

・欲しいものも買わない

など、無理してお金を使わないようにして、貯めようとすると、溜まるのはストレスだけで、結局続かないものです。

そこで今回は、無理なくお金を貯める方法を厳選してご紹介します。

毎月の最低貯金額を設定する

お金を貯めるといっても、漠然と「よし貯金しよう!」では、なかなか貯まりません。

最初に毎月の最低貯金額を決めるべきです。

毎月どのくらいの金額なら無理せず貯めることができるか?

その金額を設定してみましょう。

設定したら、それを目標とし、その金額を毎月貯金していくようにします。

まずは、毎月の給料から、生活費(娯楽費を除く)を引いて、どれくらいお金が余るのか計算してみましょう。

その余った金額の中から、娯楽に使うお金のことも考えつつ、無理なく貯金可能な金額を最低貯金額に設定します。

最低貯金額が設定できたら、その金額を毎月貯金するようにすれば、自然とお金は貯まっていきます。

もちろん最低貯金額ですから、その時の状況に応じて、もっと多くを貯金できれば、それに越したことはありません。

この方法で、重要なことは、続けることです。

無理して最低貯金額を大きく設定しても、続かなければ意味はないということですね。

貯金専用の口座を作る

貯金を増やしていきたいなら、給料の受け取り口座とは別に、貯金専用の口座を作るのが良い方法と言えます。

銀行口座を一つしか持っていないと、その口座だけで、お金の出入りをすべて管理しなければならないですよね。

そうなると、給料が入ったばかりの時には、口座にお金がたくさんあるように感じて、どうしても気が大きくなってしまうものです。

その結果、ついつい使いすぎてしまい、貯金まで手が回らなくなってしまいます。

それを防ぐためには、給料の受け取り口座と貯金専用の口座を分けるのが効果的です。

毎月給料が入った時点で、すぐに給料の受け取り口座から貯金に回したい金額を引き出し、そのお金を貯金専用の口座に預け入れてしまいましょう。

それが手間なら、定額自動入金サービスを利用するのも手段の一つです。

定額自動入金サービスとは、毎月決まった金額を他の銀行口座に入金できるサービスです。

定額自動入金サービスが利用できる銀行に貯金専用の口座を開設すれば、給料が振り込まれる銀行の口座から、毎月自動的に、貯金専用の口座に決まった金額が入金されます。

しかも、サービスの利用手数料は、多くの場合無料です。

このサービスを利用すれば、簡単にお金の移動ができるわけです。

わざわざ自分でお金を引き出して、移す必要がないので、カードや通帳を持ち歩く必要もありません。

これは、大きなメリットと言えそうですね。

ただ、自分でお金を引き出して、貯金専用口座のATMや店舗に足を運び、自分で預け入れをするほうが、「貯金をしている」という実感が湧くというメリットがあります。

どちらのやり方が合っているかは、人それぞれですが、いずれにしても、貯金専用の口座を作ったほうがお金は溜まります。

家計簿をつける

これは、ただ毎日体重計に乗るだけで大きな効果が望める「乗るだけダイエット」と、ほぼ同じ理屈です。

「乗るだけダイエット」では、毎日体重計に乗って、自分の体重を意識するようになれます。

体重が増えた場合は、自然と、食べ過ぎを控えるようになり、結果的に無理せずダイエットに成功しやすいです。

家計簿も毎日つけることによって、何にどれだけお金を使っているかということが、目に見える形でわかってきます。

自然と金銭感覚が養われ、意識してお金を使うようになります。

その結果、自然と無駄遣いをしなくなり、無理せずにお金が貯まりやすくなる、ということですね。

家計簿をつけるには、使った金額を正確に把握する必要があります。

そのため、毎回買い物をした際のレシートは、捨てずに財布の中にでもしまっておきましょう。

そして、毎日家に帰ったら、それを見て家計簿をつけるクセをつけると、習慣として身につきます。

断捨離をする

断捨離とは、不要なものを全て捨て去ることで、物への執着を手放し、生活に調和をもたらす思想のことです。

貯金の妨げになる最大の原因は、やはり、浪費、すなわちモノを買いすぎることです。

断捨離をすると、物への執着がなくなり、自分にとって本当に必要なモノと不要なモノを見極めることができるようになります。

その結果、物欲が抑えられ、要らないモノを買わなくなることで、お金が貯まりやすくなります。

また、断捨離を行なうことによって、これまで無駄なモノをいかにたくさん買い続けてきたかと思い知ることもできます。

その結果、「不要なモノを買わないようにしよう」という思いが強くなることも、お金を貯めるのに効果的に働いてくれます。

さらに、断捨離をして部屋がキレイになると、それも無駄遣いを防ぐ後押しをしてくれます。

部屋の状態は、そこに住んでいる人の心の状態をそのまま反映している、と言われています。

もし、部屋が不要なものであふれている場合は、これを機に断捨離をして、部屋も心もスッキリさせましょう。

断捨離で部屋がスッキリすれば、「このスッキリした状態をキープしたい」という気持ちが強くなるものです。

それに伴って、「余計なモノを増やしたくない」という気持ちも強くなり、自然と、無駄使いも減り、お金が貯まっていきますよ。

貯蓄型保険に入る

生命保険などの保険商品には、掛け捨て型と貯蓄型があります。

保険に入る際には、貯蓄型の保険に入るようにするのも、お金を貯めるのに効果的です。

貯蓄型保険とは、文字通り、保障と貯蓄の両方の機能が備わっている保険商品です。

貯金が苦手な人でも、貯蓄型保険に入ることによって、計画的な貯金が可能になります。

特に、「万が一の時の保障を備えつつ、貯金もしていきたい」という場合におすすめです。

貯蓄型の保険は、掛け捨て型に比べると、保険料はどうしても高くなります。

ただ、支払った保険料の一部は、税額控除の対象になるため、節税対策にもなります。

これもメリットの一つと言えるでしょう。

会社勤めの場合は、年末調整で、自営業の場合は、確定申告の際に控除の手続きをすれば、それぞれ支払う税金を減らすことができます。

尚、生命保険は、その種類がとても多く、入院保障や死亡保障の内容も、保険によってかなり違いがあります。

新たに生命保険に加入する際は、保険外交員によく相談して、自分のライフスタイルに合った保険を選ぶようにするとよいでしょう。

投資信託を買う

投資信託とは、投資の専門家(ファンドマネージャー)にお金を預けて、株や債券に投資・運用してもらうことができる金融商品のことです。

投資信託の最大のメリットは、投資のプロに任せることで、より利益を得やすい点にあります。

素人がにわか仕込みの知識で株を始めても、損をすることのほうが多いですからね。

ただ、投資信託の場合は、投資のプロに運用をしてもらえる分、投資金額から運用手数料が引かれてしまいます。

しかし、手数料を払ってでも、プロに運用を任せた方が利益を出しやすいですし、損するリスクも大幅に抑えられることができます。

それに、プロに任せるわけですから、投資の知識がなくても始められる点も魅力です。

尚、投資信託は、証券会社のWEBサイトから申し込むこともできますし、銀行の窓口で申し込むこともできます。

一言で投資信託といっても、色々な商品がありますし、「詳しく説明を聞きたい」という方は、銀行の窓口に行ってみるとよいでしょう。

外貨定期預金を組む

外貨定期預金とは、文字通り、外国のお金で定期預金を行うことです。

日本円をアメリカのドルやヨーロッパのユーロ、イギリスのポンド、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、スイスのフランなどの外貨に代えて預金をします。

外貨は、日本円に比べて金利が高いので、一定期間預金しておくだけでも、高い金利を得ることができます。

また、満期時に、預けた外貨の為替レート(円と外貨の交換比率)が円安になった場合は、その差額も利益として受けとることができます。

例えば、アメリカドルで、定期預金を組んだとしましょう。

1ドル100円の時に、日本円で100万円分を預金したとしましょう。

それが定期預金の満期時に1ドル120円になっていた場合は、120万円を受け取ることができます。

ただし、逆に円高になってしまう場合もあるので、安易に考えず、始める場合は、銀行の担当者に相談されることをおすすめします。

-生きるための知恵

Copyright© 生き方ラボ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.