非常識な人はなぜ常識がないのか?そういう人への対処法は?

投稿日:

非常識な人

「普通だったらあんなこと絶対言わないよね!?」

「ありえないことをされたんだけど」

非常識な言動をする人にムカついたことがある人は、たくさんいらっしゃることでしょう。

また、そういう人が「嫌い」という人はたくさんいても、「好き」という人は、まずいないでしょう。

それにしても、非常識な人は、なぜ常識がないのでしょうか?

この記事では、まず非常識な人の特徴について紹介し、常識がない理由について探っていきます。

その後で、そういう人に困っている時の上手な対処法についてご紹介をしていきます。

常識がない人がどんな人間なのかを知れば、そういう人とのよい付き合い方も見えてくるはずです。

非常識な人の特徴

普通の感覚の持ち主だったら絶対にしないようなことを当たり前のようにやってしまう・・・そんな常識外れな人は、いったいどんな人間なのでしょうか?

これから、非常識な人によく見られる5つ特徴とそうなってしまった理由についてご紹介をしていきます。

自己中心的

常識から外れた言動をとってしまう人は、何事も自分を中心に考えてしまいがちです。

何でも「自分、自分」なので、周囲に配慮できずに行動を起こしてしまい、周りから「非常識だ!」と思われてしまうのです。

では、なぜ自己中心的なのか?

それは、幼少期に甘やかされて育ったから、というのが主な理由として考えられます。

やはり、子供の頃に甘やかされて育った人は、自制心がないので、自分の欲求を満たすためなら、「周りに迷惑がかかっても関係ない」と思ってしまうわけです。

そういう人が大人になると、立派な常識はずれな人になる、というわけです。

空気を読むのが苦手

空気が読めない人も、常識外れなことをやらかしてしまいがちです。

空気が読める人は、周囲の状況をしっかり汲み取り、適切な発言ができます。

しかし、空気が読めないな人は、周りに合わせられずに、とんでもない発言をしたり、行動に走ってしまいます。

「はじめての場だし、ルールとか常識とかも知らないし、しょうがないだろ」

「それはおまえらだけの常識だろ」

などと主張する人は、その場の空気が読めず、周りの人を見て判断することができないんです。

普通の人が普通と思えることを普通に思えない、それが非常識な言動な生む原因なわけです。

でも、なぜ空気が読めないのか?

それは、感性がないから、とも言えますが、発達障害というケースも多いです。

空気が読めないのは、アスペルガー症候群の典型的な特徴と言われています。

もちろん、発達障害だからといって、必ずしも非常識であるとは限りませんし、非常識だからといって、必ずしも発達障害だとも限りません。

あくまでも、そういう可能性がある、というだけの話です。

モラルや罪悪感がない

道徳心やモラルがなく、何かをやらかしても罪悪感を感じない人も、常識外れな人になりがちです。

モラルのない人は、良心がある人なら到底できないようなことでも、やらかしてしまいます。

例えば、「人の迷惑になるようなことはやってはいけない」、「迷惑をかけたら申し訳ない」と思える人は、自重して、慎みのある言動をとれます。

しかし、「他人の迷惑なんて知るか」、「迷惑をかけて何が悪い」などと思う人は、周りの迷惑なんてお構いなしです。

では、なぜモラルのない人になってしまうのか?

それは、育ちが悪いから、の一言に尽きるかもしれません。

また、見逃せない点として、罪悪感がないのは、サイコパスの特徴の一つでもあります。

もちろん、非常識だからといってサイコパスとは限りませんが、サイコパスの可能性がある、ということは、念頭に置いておくといいでしょう。

自分は特別だと思い込んでいる

「自分は偉い」だとか「自分はすごい」と思い込んでいる人は、何をやっても、何を言っても許されると勘違いしがちです。

自分を特別な人間だと思い込む、その思いあがった心理が非常識な言動につながってしまうのです。

すごく極端な事例ですが、芸能人が裏で滅茶苦茶なことをやって解雇されることなどがありますよね。

このようなケースは、自分が特別だと思い込んで、非常識な振る舞いをしてしまう典型例だと言えるでしょう。

一般人であっても、学歴の高い人や家が金持ちの人、社会的に成功している人、甘やかされて温室暮らしをしてきた人などは、「自分は特別な人間だ」と思い込んでしまいがちです。

そういう人は、無意識のうちの非常識な人間になってしまうものです。

見本となる人がいなかった

育ちに問題がある人は、躾や教育をしっかり受けてきていません。

つまり、常識的な行動を知らずに育ってきたので、常識がない人になってしまうわけです。

何が正しくて、何が悪いことなのか、それを示してくれる見本がそばにおらず、誰も教えてくれなかったから、常識外れになってしまったのです。

「親の背を見て子は育つ」ということわざもありますが、見本となる親がよい背を見せることができなければ、子もよく育たないわけです。

非常識な人に困っている時の対処法

「常識のない人にヘタなことを言うと、とんでもないことをしでかすのではないか?」と不安に感じる方も多いことでしょう。

常識外れな人に対しては、どのように接していくのが正解なのでしょうか?

これから、非常識な人に対しての無難な対処法を2つご紹介します。

関わらないようにする

常識のない人とは、できるだけ関わらないのが精神衛生上好ましいものです。

常識はずれな言動を注意したり、批判したりすると、逆ギレされて理不尽な思いをしてしまうこともあります。

ですから、常識はずれな人の振る舞いに対しては、基本的に無視を貫きましょう。

信じられない言動を目の当たりにすると、イライラするし、批判したくなる気持ちはわかります。

しかし、その場で指摘して、非常識な行動をやめさせることができるのであれば、今に至るまで非常識なことをやっているわけがありません。

なかなか改善や反省ができないからこそ、非常識な人なんです。

そういう人なんだと割り切った上で、相手にしないのが正解です。

常識的な言動を何度も目の前で見せる

自分の大切な人(恋人や家族)が非常識だった場合、なんとかして改善させたいですよね?

そんな場合は、自分が正しい行動の例となり、率先して常識的な発言や行動をとって気づかせてあげたり、学ばせてあげたりすると、徐々に改善していくことがあります。

非常識な人の中には、何が非常識なのか本気でわかっていない方も少なくありません。

そういう人には、見本となる人が必要です。

常識がない人というのは、人からそれを指摘されるのを嫌います。

人からの指摘を受け入れることができれば、今も非常識なわけがありませんからね。

だからこそ、指摘するのではなく、目の前で常識ある言動を見せてあげて、学ばせてあげるのがベターなのです。

特に、相手が大人あればあるほど、常識外れな言動を注意すると、自尊心が傷つけてしまい、改善しようという意欲を削いでしまいます。

常識のない人に常識とは何かを学ばせるには、長い目で見ていくことが大切と言えるでしょう。

以上となりますが、非常識な人に困ったときは、状況に合わせて、上記の2つの方法をお試しください。

-人の特徴

Copyright© 生き方ラボ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.