人と関わらない仕事でおすすめなのはコレ!面倒な人間関係なし

投稿日:

人と関わらない仕事

勤務先の人間関係が原因でうつになったり、転職を考える人は、思いのほか多いものです。

やはり、職場の人間関係のよしあしは、働きやすさに大きく影響するものですからね。

人間関係の煩わしさから開放されれば、ストレスなく、楽しく仕事ができるはず。

そう考えて、次はなるべく人と関わらない仕事をお探しの方は、たくさんいらっしゃるでしょう。

その場合、ネックとなるのは、やはりその仕事だけで生計が成り立つかどうか、ということになるでしょう。

そこで今回は、人と関わらない仕事の中でも、努力次第で、それ一本だけで十分に食べていくことが可能な仕事を厳選してご紹介します。

飲料自動販売機に補充する仕事

自動販売機に飲料を補充する仕事は、ルート配送スタッフなどとも呼ばれています。

基本的には、勤務中に人と関わることは、ほぼありません。

ただ、飲料の入った重い荷物の積み下ろしや自販機への飲料の補充は、それなりに重労働のため、それ相応の体力が必要になります。

そのため、比較的求人も多く、入社する難易度は決して高くありません。

平均年収は、300万円~350万円くらいが一応の目安となっています。

中には、集金業務や営業活動(新規の自販機設置)が必要になる場合もあるので、その点は、事前に確認が必要です。

ただ、営業活動をしたほうが当然、年収も高くなります。

歩合給がつきますからね。

営業活動と言っても、飲料自販機は、設置する側もメリットがある(売上の一部をもらえる)ので、そんなに邪険にされることもありません。

飲料を自販機に補充するついでに、近くに商店があれば、「自販機設置しませんか?」と軽く声を掛ける程度です。

営業の中では、比較的楽な部類に入る、と言えるでしょう。

検針業務(電気、ガス、水道)

担当地域の家庭や会社を回って、設置されてある電気やガス、水道などのメーターをチェックし、使用量を端末に打ち込んで、出力された伝票を郵便受けに入れることが主な業務内容です。

業務は、一人で行ない、業務中に人と関わることは、ほぼありません。

体力的にも、それほどキツくないため、特に女性に人気のようです。

正社員や契約社員、アルバイトなどの雇用形態があります。

正社員の場合、平均年収は地域によってばらつきはありますが、250万円~300万円程度が一応の目安のようです。

都市部ほど年収は高めの傾向です。

この仕事に就く難易度は、厳密には、応募者数によって異なりますが、それほど高くはない、と言えるようです。

大型トラックのドライバー

文字通り大型トラックを運転して、物を輸送することが主な業務内容です。

大型トラックの場合は、基本的の長距離の輸送がメインになるので、ひたらすら運転をするのが仕事です。

一見すると楽な仕事に見えますが、長時間ひたすら運転をするのは、肉体的にもきついですし、睡魔にも襲われやすいです。

また、運転するだけといっても、労働時間が長いため、パーキングエリアで適度に仮眠を取らないと、体が持たないようです。

ただ、人と関わることは、ほぼありません。

もちろん、配送先で積み荷を降ろす際に、軽い挨拶程度は必要です。

仕事に就くためには、大型免許の取得が必要になります。

会社によっては、免許の取得費用を貸してくれる場合もあるようです。

大型トラックドライバーの平均年収は、500万円前後が一応の目安となっています。

この仕事に就くための難易度は、高給の割には、高くありません。

やはり、肉体的にもきつい仕事ですし、居眠り運転による事故のリスクもあるので、どこの会社でもドライバーは不足しているようです。

フリーランスでのデザイン関係の仕事

フリーランスとして、WEBのデザインやロゴ、イラストなどを作成する仕事です。

在宅ワークとして、自分一人のペースで仕事を進めることができますし、当然、業務中は人と関わることはありません。

依頼主とのやりとりも基本的にメールになります。

仕事に就くために、特に資格は必要ありませんが、フォトショップやイラストレーターが使えないと、仕事ができません。

また、デザインのセンスなども重要になってくるでしょう。

その気になればいつでも自宅で始めることができるので、この仕事に就くための難易度は高くありません。

クラウドソーシング(依頼者との仲介をしてくれるサイト)に登録すれば、割と簡単に仕事は探せます。

年収は、一概には言えませんが、初級の段階でおよそ200万円程度が一応の目安となります。

実績を積むことで、どんどん年収を増やせる点が魅力です。

アフィリエイター

自分の運営サイトに、アフィリエイト広告(成果報酬型の広告)を掲載して、広告収入を得るお仕事です。

基本的には、自分の運営サイトに設置したアフィリエイト広告を経由して物が売れると、報酬が入る仕組みになっています。

この仕事に就く難易度は高くなく、インターネットを接続できる環境とパソコンさえあれば、自宅で簡単に始めることができます。

もちろん、仕事中は、全くと言っていいほど、人と関わることはなく、自分のペースで作業を進めることができます。

なので、コミュ障の方には、特におすすめです。

ただ、この仕事を始めるにあたっては、アフィリエイトに関する基礎的な知識(ブログ運営のコツ、SEO、成果が発生する仕組みなど)を身に着ける必要があります。

また、本業として生計を立てるためには、いかに多くのネットユーザーを自分の運営サイトに集めるかが極めて重要なポイントになってきます。

有名ブロガーの中には、ブログへのアクセス数が多いことを生かして、アフィリエイトでかなり儲けている方も多いです。

そのことからも、アクセス数の重要性をおわかりいただけるのではないでしょうか。

収入は努力次第で大きく変わるため、一概にどのくらいになるか、数字として示すのは難しいです。

トップクラスのアフィリエイターの場合は、月に100万円以上の収入を得ている人もいますが、それは全体の1%以下です。

そのため、確実に稼げる仕事とは言えません。

それでも、努力すればするほど、その結果が収入となってあらわれやすいので、やり甲斐のある仕事と言えるでしょう。

農業

農作物を作って、収穫し、それを販売する仕事です。

仕事中は、人と関わることがほとんどなく、代わりに、自然と触れ合うことの多い仕事です。

「自分で田畑を所有していなければ、この仕事はできないのでは?」と、思われやすいですが、田舎ほど農地がたくさん余っているため、かなり安く借りることができます。

そのため、この仕事に就く難易度はそれほど高くはありません。

ただ、未経験の場合は、農業生産法人(大規模農家)に一度就職をして、数年間は農業について学んだほうがよいかもしれませんね。

収入は、地域や取り扱う農作物、収穫量によって異なります。

農家の平均年収は、150万円~300万円くらいが目安です。

株やFXのデイトレーダー

デイトレーダーとは、デイトレード(その日のうちの売買を完結させるトレード手法)で稼ぐ人ことです。

例えば、株を買ったら、得しようが損しようが、その日中に売るトレード手法をのことデイトレードと言います。

株価や為替レートというものは、世界情勢(政治や金融政策、災害など)の影響を受けやすいため、遠い未来であればあるほど、予測が難しいものです。

逆に、近い未来であればあるほ、予測しやすいといのもまた事実。

そこの目を付けて、ローリスクローリターンなトレード手法として確立されたのが、デイトレードです。

この仕事は、人と関わることは、ゼロです。

また、インターネットに接続できる環境さえあれば、いつでもどこででもできる仕事です。

ただ、確実に稼げる仕事とは言えません。

うまくいけば、会社勤めをしていた時には考えられないくらい高収入を得ることができますが、一歩間違えれば、多大な損失を出し、一文無しになってしまう怖れもあります。

株やFXのデイトレーダーの中には、年間数億円の利益を出している人もいますが、それはあくまでも一部です。

儲けている人は、全体の1割と言われており、かなり勉強しないと、それだけで生計を立てるのが難しいのが実情です。

せどり

商品を安価で仕入れ、それを転売して、その差額を収入として得る仕事です。

例えば、家電量販電でノートPCを3万円で買って、それを4万円で転売すれば、1万円の儲けが出る、という単純な仕組みです。

せどりとして人気があるのは、ブランド物、家電、古本、ゲームなどのようですが、安く買って高く売れれば、基本的には何でもOK。

掘り出し物が多いフリーマーケットで商品を安く買って、ネットで転売している人も多いようです。

インターネットが普及している現在は、アマゾンマーケットプレイスやネットオークションなど、個人間で売買が簡単にできるシステムが構築されているので、この仕事に就く難易度は低いです。

ある程度目利きの才能が必要になってきますが、それは努力次第で養えます。

これも、収入の目安が難しいのですが、ある程度の目利きになれば、月10万円以上の収入を得ることも十分に可能なようです。

中には、月100万円以上の収入を確保している人もいるようですが、それはあくまでも上位1%と認識しておいたほうがよいでしょう。

ネットショップの運営

ネット上に自分のお店を出して、そこに海外から仕入れた商品や自分で作ったハンドメイドの商品、メーカーから安く買いつけた商品などを販売して、利益を得る仕事です。

お客さんは、基本的にネットショップで勝手に買い物をしてくれますので、人と直接関わるようなことはありません。

どのくらい収入になるかについては、取り扱う商品や売上及び粗利率などによって大きく異なってきますので、一概には言えません。

安定した収入を確保するためには、いかに買ってくれるお客を集めることができるかが極めて重要になるでしょう。

そのため、ネットからの集客のノウハウを身に着ける必要がありますが、この仕事に就くことそのものの難易度は、それほど高くはありません。

人と関わることなく、ネット上でもいいから自分のお店を持って商売をしたいという方には、おすすめできるお仕事です。

工場のライン作業

工場のライン作業のお仕事とは、工場に設置されているベルトコンベアの上を流れてくる商品を手に取り、指示に従って作業を行った後、またベルトコンベアに戻す、という単純作業の繰り返しになります。

例えば、某製パン業のライン作業は、ベルトコンベアの上を流れてくるジャムパンを手に取り、ジャムがはみ出てないかをチェックして、問題がなければベルトコンベアに戻す、という作業をずっと繰り返します。

単純作業が苦にならない人に向いていると言えるでしょう。

業務中は、黙々と自分の受け持つ作業に励むことになるので、仕事中に人と関わることは、ほぼありません。

むしろ、仕事中の私語は厳禁で、人と関わると逆に叱られるくらいです。

ただ、お昼休みや休憩中は、他の社員と雑談しなければいけないケースも出てくるでしょう。

工場のライン作業で扱っている製品は、実に多種多様で、求人の多い仕事です。

収入は、労働条件によって異なってくるため、一概には言えませんが、月収20万円~30万円が一応の目安となっています。

正社員としての求人も多く、大手企業の工場に就職できれば、安定した収入を得ることが可能ですし、福利厚生も充実している点が魅力です。

-仕事の悩み

Copyright© 生き方ラボ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.