彼女の両親から嫌われる男性の特徴とは?結婚の許しも微妙?

投稿日:

彼女の両親に嫌われそうな彼氏

男性から誰でも、彼女に両親に会って、お付き合いの挨拶や結婚の挨拶をするのは、「マジで、めんどくさい」と感じてしまうのですし、「嫌われたどうしよう...」という不安がありますよね。

女性からしても、自分の彼氏を両親に紹介するのは、とても緊張するものですよね。

特に、結婚を前提として両親に紹介する場合は、なおさらのこと、彼氏が両親に嫌われてしまわないか、不安になって当然です。

どこの親も、自分の娘が結婚して幸せになることを第一に考えています。

そのため、どうしても娘の彼氏へのチェックは、厳しくなってしまうようです。

彼氏が両親から好かれないと、その後に大きく影響し、交際に難色を示されますし、結婚を反対される心配も大きくなるでしょう。

それでは、いったいどんな彼氏が彼女の両親のチェックにひっかかり、嫌われてしまうことになるのでしょうか?

これから、彼女の両親に嫌われる男性の主な特徴についてご紹介しますので、参考にしていただければ幸いです。

見た目に問題あり

あなたは、メラビアンの法則をご存知ですか?

これは、人間の印象というのは、初対面でほぼ決まってしまい、その後も変わることはほぼない、という法則です。

そして、人が他人の印象のよしあしを判断する際に、一番参考にするのが見た目です。

彼女の両親も、娘の交際相手や結婚相手に相応しいか否かを判断する際に、彼氏の第一印象を重視しますし、それは、ほぼ見た目で決まってしまいます。

そして、見た目にどこか問題があった場合は、減点され、嫌われる可能性が高くなります。

特に、見た目が「チャラい」、「だらしない」と判断されてしまうと、嫌われやすいですし、結婚にもかなり大きく影響します。

例えば、

・髪を染めている or 奇抜な髪型をしている

・ピアスをはじめアクセサリーをジャラジャラつけている

・服装が派手

などの見た目は、中身はけしてそうでなかったとしても、「チャラい」と思われやすいです。

また、見た目はけしてチャラくなくても、

・髪がボサボサ

・寝ぐせがついている

・歯が汚い

・服装がシワシワ、あるいはヨレヨレ

・ひげのそり残しがある

・靴下が汚れている or 穴があいている

などの見た目も、「だらしない」と判断され、嫌われやすいでしょう。

交際の挨拶や結婚の挨拶で、彼女の両親に初めて会う際は、誠実な好青年をアピールできるような服装が一番です。

スーツ姿(しっかりとネクタイを締めて)が無難と言えるかもしれません。

マナーがなっていない

これは、当然と言えば、当然と言えるかもしれません。

マナーがなっていない男性は、確実に相手の女性の両親に嫌われます。

特に、彼女の家に初めて訪問する場合、訪問マナーがなっていないと、嫌われやすいので注意が必要です。

訪問する際は、時間通りか少し前に到着するのがマナーです。

予定時間よりも遅れるのは、たとえ数分でも、厳密にはマナー違反ですし、ほんの数分遅れただけでも、「人との約束を守れない男」という印象を与えてしまいます。

他にも、

・玄関で挨拶しない

・靴は脱ぎっぱなし

・襖(ふすま)を平気で踏む

などは、すべてマナー違反になります。

こういったことは、普段から気をつけていないと、うっかり出てしまうものです。

「お里が知れる」とよく言われますが、そう思われないように、最低限のマナーはきちんと身に着けておきましょう。

食べ方に難あり

食べ方については、特にチェックが厳しくなります。

なぜなら、食べ方を見ると、その男性がどんなふうにしつけられて育ってきたかが、容易に判断できるからです。

例えば、

・箸使いがなっていない

・音をくちゃくちゃ立てて食べる

・ズルズルと汁ものをすする

・食べ散らかす

などは、「親のしつけがなっていない」と判断され、大幅な減点対象となるでしょう。

格式を重んじる家であればあるほど、嫌われる可能性が高くなります。

通常、多くの女性は、食べ方については、幼い頃から両親から厳しくしつけられます。

将来、お嫁に出しても恥ずかしくないように、という親心からです。

そのため、女の子を持つ家庭は、男の子ばかりの家庭に比べて、箸使いや食べ方のしつけについては、厳しくなるようです。

特に、彼女に男兄弟がおらず、姉妹だけの場合は、母親のチェックがより厳しい、と考えたほうがよいかもしれません。

言葉遣いに問題あり

これは、彼女の両親に嫌われやすい典型的な特徴と言えるでしょう。

見た目の印象と同じくらい、言葉遣いの印象は、好感度に大きく影響します。

当然、言葉遣いがなっていないとアウトで、好感度は大幅に下がってしまいます。

例えば、

・きちんとした敬語が使えない

・「ヤバい」、「マジすか」など若者言葉を平気で使う

・「ありがとうございます」を「あざーす」と省略して言う

などは、「言葉遣いがなっていない」と思われやすいです。

「さすがに両親の前では、使わないだろう」そう考えてしまうかもしれませんが、やはり、普段から当たり前のように使っていると、ほぼ無意識のうちに出てしまうこともあるので、注意が必要ですよ。

また、言葉遣いに問題がなくても、彼女の両親に対して、「お父さん」、「お母さん」と呼ぶのも、好ましくありません。

特に、娘を溺愛している父親の場合は、まだ結婚の許しも請うていない男性から、「お父さん」呼ばわりされることほど、不愉快なことはないようです。

うっかり放った「お父さん」の一言で、嫌われてしまう確率が跳ね上がります。

「じゃあ、彼女の両親のことは、どんな呼び方をすればいいの?」という話になりますよね。

まず、彼女の名前に「さん」をつけて、「のお父様」、「のお母様」とくっつけて呼ぶのがベターです。

具体的には、「○○さんのお父様」、「○○さんのお母様」と呼べば、不愉快な気持ちにさせることはありません。

「さん」よりも「様」のほうが距離が遠い感じがしますよね。

彼女の両親からしても、まだ結婚を認めていない娘の彼氏とは、ある程度の距離感があったほうが安心できるわけです。

彼女との年齢差が極端

やはり多くの親が、「自分の娘と年齢的に釣り合わない相手は、結婚相手としてふさわしくない」と思っています。

娘よりはるかに年上、逆にはるかに年下の場合が該当します。

彼氏の方があまりにも年上であると、その分定年を迎えるのが早まることになるため、経済的な心配も出てきます。

また、「早いうちから、夫の病気の看病や介護で娘が苦労するのでは?」と懸念してしまうようです。

逆に彼氏の方が、あまりにも年下の場合も、頼りなく思えてしまうようです。

「結婚した場合にまともな結婚生活を送れるのだろうか?」、「自分の娘が年下夫を養うために苦労するのではないか?」とやはりと心配になるようです。

極端な年齢差がある場合は、それを補える条件がないと、彼女の両親も安心できないでしょう。

例えば、彼氏の方が彼女よりも年上なら、定年が早い分、老後の蓄えをしっかりとしていたり、それなりに資産を持っていたり、など。

彼氏の方が彼女よりも年下なら、正社員で勤務していることはもちろん、役職に就いているとか、勤続年数が長いなどの条件を満たしてないと、信用に値しないでしょう。

収入が低い

娘を持つ親であれば、誰だって自分の娘には、結婚後は、経済的に何不自由なく暮らしてほしいと思って当然です。

彼氏の収入が低い、もしくは、収入が不安定だと、やはり「結婚後に娘がお金のことで苦労するのではないか?」と不安になります。

さらに自分たちが、結婚後に娘夫婦の経済的な援助をすることを心配する場合もあります。

実際、夫の収入が低いために、妻が実家に頼ってかろうじて生活をつないでいる、というケースは、さほど珍しくはありません。

両親がそういったケースを間近で見てきている場合は、なおさら心配になるでしょう。

実際に間近で見てはいなくても、テレビドラマなどでもよくあるパターンなので、妙な先入観を持ってしまう場合もあるでしょう。

収入が低いなら、その問題を今度どうやって解決していくかを彼女の両親が納得できるように説明しないと、簡単には首を縦には振ってくれないでしょう。

この他に、借金がある、貯金がない、ギャンブル好きなど、結婚後にお金の心配が出てきそうな特徴を持っている男性は、同様に嫌われ、結婚を反対されやすいです。

彼女の方が学歴が上過ぎる

自分の娘の方が彼氏よりも学歴が上すぎる場合は、結婚に難色を示されやすいでしょう。

例えば、娘は一流大卒なのに、彼氏は高卒 or Fラン大卒の場合などが当てはまります。

やはり、日本はまだまだ学歴重視の社会ですし、学歴が低いと、収入も低い、将来性もない、そう短絡的に考えてしまう人は、決して少なくありません。

また、学歴が低い理由についても、ついついよからぬことを想像してしまうようです。

例えば、家庭の事情、元々頭が悪い、品行に問題あったなどなど。

さらに、夫婦の学歴に格差があると、将来的に子供の教育方針などにも食い違いが生じやすいため、その点を心配し、難色を示す場合もあるでしょう。

彼氏の方が学歴が低すぎる場合は、それを補える要素を兼ね備えていないと、彼女の両親からは嫌がられるでしょう。

例えば、

・低学歴だけど仕事ができる(会社で責任あるポジションを任されている)

・子供にはしっかりと教育を受けさせると約束する

・両親がお金持ちで財産を相続できる

などの要素が当てはまるでしょう。

彼氏の家族に問題あり

彼氏にこれといって特に何の問題がない場合でも、彼氏の家族に問題がある場合は、彼女の両親に交際や結婚に難色を示されやすくなるでしょう。

特に結婚は、双方の家と家が親戚関係になるわけですからね。

「そのような問題のある家族に大切な娘を関わらせたくない」と思うのが、親心というものですし、「自分たちも関わりたくない」と思っても無理のない話です。

例えば、彼氏の家族に前科を持つ人がいたり、裏社会と通じている人がいる場合は、結婚の許しはもらいにくくなるでしょう。

他にも、彼氏の両親が以下のような状態だと、彼女の両親からは嫌がられます。

・ギャンブル中毒で、度々彼氏にお金をせびりに来る

・これまで年金を払ってこなかったので、将来もらえない

・既に介護が必要な状態であり、新婚早々娘がそれを任されそう

やはり、家族に何かしら問題がある場合も、それを補える条件を彼女の両親に提示できなければ、交際も結婚も簡単には許してもらえないでしょう。

-恋愛の悩み

Copyright© 生き方ラボ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.