なぜ高学歴ニートが増えている?そうなってしまう人の特徴は?

更新日:

高学歴ニート

今、高学歴ニートが増えているということが、深刻な社会問題のひとつとなりつつあります。

しかもこの現象は、日本のみならず、近隣の中国や韓国をはじめ、世界的な規模で急増しているようです。

それにしても、なぜこれほどまでに高学歴ニートが増えているのでしょうか?

その理由や高学歴ニートになってしまう人の特徴について、これから詳しくお伝えします。

高学歴ニートとは?

高学歴ニートとは、その名が示す通り、高学歴という就職にとって極めて有利な条件を持っていながら、様々な理由により、ニートという無職の状態に陥ってしまっている人のことです。

ただ、高学歴の定義については、人それぞれに解釈が異なる、というのが本当のところでしょう。

その昔は、いわゆる大卒と呼ばれる大学を卒業している人が高学歴者に当てはまりました。

しかし、今は、昔に比べ大卒の人がそれほど珍しくはなくなっているため、競争率が高く合格するのが難しい、いわゆる難関と呼ばれる大学を卒業している人のことを意味する場合が多くなっているようです。

例えば、国立一期校(北から順に、北海道大学、岩手大学、東北大学、東京大学、東京農工大学、東京工業大学、お茶の水女子大学、東京藝術大学、東京教育大学、一橋大学、電気通信大学、群馬大学、埼玉大学、横浜国立大学、信州大学、福井大学、名古屋大学、愛知学芸大学、三重大学、京都大学、京都学芸大学、奈良学芸大学、大阪大学、大阪外国語大学、神戸大学、島根大学、岡山大学、山口大学、徳島大学、高知大学、九州大学、福岡学芸大学、長崎大学、宮崎大学)を卒業していれば、それはほぼ間違いなく高学歴に該当すると考えてよいでしょう。

あるいは、早稲田、慶応、明治、上智など、世間一般的にその名が知られている大学を卒業している人も高学歴に該当すると考えられます。

一方、ニート(NEET)とは、学校にも行かず、就職もせず、職業訓練も受けていないという意味のNot in Education, Employment, or Trainingの頭文字をとった造語です。

日本におけるニートとは、年齢が15~34歳、結婚していない、無職で就職活動をしていない、職業訓練も受けていない、家事や家業も手伝っていない、これらのすべてに該当する人のことを示しています。

本来、高学歴に該当する人は、将来的に大変有望で、ニートとは最も程遠い存在といっても過言ではないでしょう。

それがニートと結びついて、高学歴ニートになり、しかも急増傾向にあることは、深刻な社会問題として受け止められています。

なぜ高学歴ニートになる人が増えているのか?

大前提としては、高学歴ニートの多くは、就職に失敗している、という点に注目すべきでしょう。

高学歴であるがゆえに、希望の企業に就職できないというケースが増えているようです。

その理由を一言でいえば、今の企業の多くは、昔の企業のように学歴を最優先して人を選んでいるわけではない、ということになるでしょう。

どちらかといえば、学歴よりも人柄重視で選ぶ傾向にあるようです。

特に、超一流企業の場合は、エントリーするだけでも、高学歴であることはすでに必要条件となっているため、差別化が図れません。

そのため企業側も、人柄をはじめ、コミュニケーションスキルなどを重視して内定者を選ぶ傾向が強くなるようです。

また、高学歴なのだから、一流企業に就職して当たり前という世間の風潮もあり、高学歴の人の多くは、就職先を一流企業しか選ばないため、どうしても就職に失敗しやすくなるようです。

高学歴の女性の場合なんかは、離婚後に再就職先が見つからずにニート化してしまうケースが増えつつあるようです。

高学歴ニートの割合や男女比は?

2017年の5月に、経済協力開発機構(OECD)が日本には170万人のニートが存在するという調査結果を公表しています。

さらに、学歴によって分類した場合、大卒以上の学歴を持つ人が、全体の4割に上ることが明らかになりました。

仮に高学歴の定義を大卒以上とした場合、ニートうち5人に2人は、高学歴ニートであるということになります。

高学歴ニートの男女比についての明確なデータは、今のところ存在しないようですが、就職していない男女の割合は、男性が6割、女性が4割という調査結果が報告されています。

ただ、この割合の中には、結婚している人や家族の介護や看病等の理由で就職を断念したケースも含まれるようです。

これらの要素を踏まえて考えると、女性のニート率は、4割よりも格段に低くなると考えられます。

要するに、高学歴ニートは、女性よりも男性の方が圧倒的に多いということですね。

高学歴ニートになる人の特徴とは?

高学歴ニートになってしまう人には、以下のような5つの特徴があると言われています。

プライドが高い

高学歴ニートの最も顕著な特徴と言えるでしょう。

プライドが高いゆえに、就職先は周りが一目置くような、一流企業しか考えられなくなるようです。

その結果、就職先の選択肢が狭められ、就職に失敗しやすくなります。

しかし、そうであるからといって、中小企業や名前の知られていない企業に就職するのは、自分のプライドが許さないので、一流企業ばかりを狙っては、落ち続けるという、負のスパイラルに陥り、気が付くとニートになっていたというケースもけして珍しくありません。

高学歴でもニートにならない人は、大企業から内定をもらえなくても、まずは新卒で中小企業に就職して、スキルアップしてから大手企業への転職を目指そうと考えいるようですが、高学歴でニートになってしまう人には、このような発想もありません。

学生時代にアルバイトした経験がない

社会人の多くは、学生時代にアルバイトを経験しています。

アルバイトという経験を通して、仕事をする上で必要な社会人としての常識、ビジネスマナーなどを自然と身に着けることができているのです。

しかし、高学歴の人は、学業が忙しくてアルバイトどころではなかったというケースが非常に多いです。

高学歴ゆえに、家庭教師などのアルバイトの経験はあるかもしれませんが、家庭教師のアルバイトだけでは、ビジネスマナーや社会人としての常識を身に着けるには不十分です。

逆に、「先生、先生」と教え子の親御さんにちやほやされて、ますますプライドを高くしてしまうこともあるくらいです。

また、就職においては、やはりアルバイト経験のない場合は不利に働くことが多いですし、面接などの受け答えにも問題が起こりやすいため、就職に失敗しやすいです。

就職できたとしても、周りとうまくやっていけずに、自らドロップアウトしてしまい、そのままずるずるとニート化してしまうという場合もあります。

やりたいことがない

これまでひたすら勉強ばかりしていたために、就職活動の際に、自分は本当はなにがやりたいのか、わからなくなり、就職先を見つけられない、というのもよくある高学歴ニートの特徴です。

その結果、社会に出ること自体に怯えてしまったり、社会に出て働く意義が見いだせずに、引きこもり状態になってしまったりするようです。

挫折経験がない

高学歴の人の中でも、特に難関大学に現役合格した場合に多くみられる特徴です。

大学卒業まで常に勝ち組として、成功し続けてきて、初めて就職に失敗するという挫折を味わった場合、立ち直れずに、そのままニート化してしまい、ニート生活から脱出できなくなってしまうケースも少なくないようです。

また、強い挫折を味わってニートになった人は、その生活から脱出するさえ方法も考えらなくなってしまうようです。

頭でっかち

頭であれこれ考えてばかりで、肝心の行動が伴わないというのも、高学歴にニートのよくある特徴のひとつです。

就活に失敗しても、頭で考えすぎて、次に進むための具体的なアクションをおこせず、ニートに陥りやすいです。

あまりにも深いところまで考えすぎてしまって、結局、身動きがとれず、一歩踏み出せない状態に陥ってしまうということですね。

ニートに陥ってしまった場合も、頭でばかり考えて、具体的な行動に至らずニートの状態を延々続けてしまうことになりやすいです。

高学歴ニートの末路とは?

高学歴ニートの末路は、以下に示すような5つのケースのいずれかに該当すると考えられます。

衰弱死

両親がまだ健在の間は、衣食住には困らないケースが大半ですが、両親が亡くなってしまた後は、衣食住に困り、衰弱死という末路をたどることになるでしょう。

自ら命を絶つ

両親が亡くなった後、将来を悲観して、自ら命を絶つというケースも実際に少なくないようです。

ホームレス

家族から見離れてしまい、行き場を失ってホームレスになるケースも比較的よく見受けられるようです。

生活保護を受けながら死ぬまでニートを続ける

働く意思はあるのに見つからない、働けない明確な理由がある、財産がない、頼れる血縁が誰もいない、などの条件に該当すれば、生活保護の受給資格を得ることが可能になるため、生活保護を受けながらニート生活を存続できる場合もあるようです。

親の財産で死ぬまでニートを続ける

非常に稀なケースではありますが、いわゆるハッピーニートと呼ばれ、親が巨額の財産を持っている場合、親の死後も遺産を相続して、人生の最期まで、何不自由なく暮らしていける場合もあります。

以上となりますが、一番大切なのことは、高学歴ニートの現状をよく理解しておくことです。

高学歴ニートが増えている理由やそうなってしまう人の特徴や原因をよく理解しておくことで、自分が高学歴ニートになってしまう可能性を低くすることはできるでしょう。

-人の特徴

Copyright© 生き方ラボ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.