高飛車な人の心理や特徴とは?ムカつく時の対処法は?

投稿日:

高飛車な女

これまでに、高飛車な人にムカついた経験のある方は、たくさんいらっしゃることでしょう。

会社内や学校内はもちろんのこと、合コンや飲み会、パーティーなど、何か人が集まるイベントには、必ずと言っていいほど、そういう人が存在するものですからね。

高飛車な人は、どちらかと言うと、男性よりも女性に多いようです。

美人で性格の悪い女をイメージして頂けると、ピンとくる方も多いかもしれませんね。

もちろん、男性にもそういう人はいます。

それにしても、高飛車な人は、なぜにあれほどまでに、相手をムカつかせるような言葉遣いや態度を取ってしまうのでしょうか?

その謎を解明すべく、高飛車な人の心理や特徴について、これから一緒に見ていきましょう。

合わせて、高飛車な人にムカついた時の対処法もご紹介します。

高飛車な人の心理や特徴

高飛車な人には、以下の4つの心理や特徴があると言われています。

自分は特別だと思っている

高飛車な人の中には、「自分は特別な人間である」と思い込んでいて、「周りの人々が自分に一目置くのは当たり前」と考えているタイプが多いです。

つまり、この手のタイプの人にとっては、自分以外は、その他大勢の平凡な人たちにすぎないようです。

高飛車な人にとっての特別とは、「人よりも偉い」、「優れている」というニュアンスを含みます。

特別でない平凡な人は、「すべて自分よりも劣っている」と捉え、自然と見下して、高飛車な態度を取ってしまうようです。

例えば、人よりも優れた容姿を持っている、親が権力者などに該当する場合は、どうしても周りからちやほやされて育ってしまう傾向が強くなるようです。

そのため、「自分は特別である」という意識が当たり前化しやすく、自然と高飛車な性格を身に着けてしまうようです。

また、勉強やスポーツ、仕事など、様々な才能に恵まれ、これまで一度も挫折した経験がない人も、失敗した人を思いやる気持ちが欠けているケースが多いです。

こういう人たちも、失敗した人に対して、高飛車な態度を取ることになりやすいようです。

コンプレックスの裏がえし

高飛車な人の中には、何か強いコンプレックスを持っていて、そのコンプレックスをひた隠しにしているタイプもいます。

そして、そういうタイプは、自分のコンプレックスを人に気づかれまいとして、わざと高飛車な態度を取ってしまうことになるようです。

本当は、コンプレックスがあるため自信が持てないのに、あえて自信満々な態度を示したり、虚勢を張ってしまいます。

そういった振る舞いも、周りからは、高飛車に見えてしまうようです。

例えば、容姿に強いコンプレックスを抱えている場合、自分より容姿が優れている相手に対して、高飛車な態度を取りがちです。

生い立ちや学歴にコンプレックスを抱えている場合も同様です。

高飛車を通り越して、相手の人格まで攻撃してしまう場合も少なくありません。

自分のコンプレックスを刺激する相手を、おとしめたいという心理の表れだとも考えられます。

甘え下手

甘え下手というのは、例えば、シャイで照れ屋といったような性格的なものもあるとは思いますが、高飛車な人は、それとはちょっと違います。

どちらかと言えば、性格よりも育った環境が原因で、甘え下手になっている場合が多いようです。

例えば、生まれた時から両親のどちらかがいなかったり、子供の頃に両親が離婚していたり、あるいは共働きで忙しかったりして、両親に十分に甘えることができないような環境で育った場合も、甘え下手になりやすいようです。

甘え下手ですと、本当に誰かに甘えたい時も、うまくその欲求を満たすことができず、不満を溜めることになります。

不満はどんどん溜まり、その不満を解消する手段として、人に対して高飛車な態度を取ってしまう場合もあるようです。

また、相手の愛情を確かめようと、無理なわがままをいったり、それが叶えられないとわざと威圧的な態度をとって、相手を困らせたりする場合もあるようです。

要するに甘え下手だと、それが高飛車な態度として表れてしまうこともるある、ということです。

人一倍努力しているという自信がある

高飛車な人の中には、「常に優越感に浸りたい」という欲求が強く、その欲求を満たすために、人一倍の努力をしているというタイプも多いです。

その手のタイプは、誰よりも努力しているという絶大な自信を持っています。

その絶大な自信により、自然と人に対して高飛車な態度を取ってしまうことになるようです。

自分に自信をつけ、高飛車な態度を取ることで優越感に浸っている、と言い換えることもできそうです。

ただ、努力しても成果が伴わない場合もあります。

その場合は、努力した成果よりも、人一倍努力したことを重視し、やはり優越感に浸ろうとします。

「人一倍努力している自分は偉い、その点が人よりも優れている」という心理から、自分よりも努力しない人(人一倍努力しているという思いがあるわけですから、大半の人が対象になります)を見下し、ついつい尊大な態度を取ってしまうことになるようです。

しかし、そもそも努力などというものは、目に見えるものではないため、人と比べようがありません。

そう考えれば、「人一倍努力している」という自信は、何の根拠もありませんし、単なる主観的な思い込みに過ぎないことになるでしょう。

主観的で思い込みの激しい点も、高飛車な人の特徴として挙げることができそうです。

ムカつく時の対処法

高飛車な人と接していると、ムカつくことも多いですよね。

そんな時は、以下の4つの対処法をお試してください。

真に受けない

高飛車な人に対して、ムカついてしまうのは、その態度を真に受けてしまうからです。

真に受けずに、適当に受け流すようにすれば、ムカつきを抑えることができるでしょう。

ただ、真に受けないと言っても、あからさまに無視をするのはよくありません。

そんなことをしたら、逆に相手を激高させてしまうだけです。

真に受けないようにするためには、上記でご紹介した「高飛車な人の心理や特徴」と照らし合わせてみて、相手を理解するという方法がおすすめです。

相手の心理や特徴を理解できれば、「ああなるほどね」という気持ちになれ、ムカつきを抑えられますし、真に受ける気もなくなることでしょう。

感情的にならずに冷静になる

高飛車の人に対して、どんなにムカついても、感情的にならずに、まずは、気持ちを落ち着けて冷静になることも、対処法としては重要です。

間違っても「何?その態度、ムカつく」などと、自分の感情をあらわにしてはいけません。

相手も感情的になって、高飛車な態度に拍車がかかってしまう怖れがありますし、互いに激しい罵り合いに発展する怖れもあります。

確かに、ムカつく感情を吐き出せば、気分はスッキリするかもしれません。

しかし、それは一時的なもので、後々、後悔したり、自己嫌悪に陥ったりして、精神衛生上好ましい対処法とは言えません。

冷静になって、逆に相手のことを「大人になりきれない子供」、「心の貧しいかわいそうな人」そんなふうに見るようにすると、自然とムカつきを抑えることができますよ。

あえて親切に丁寧に接する

あえて親切に丁寧に接して、相手をよい気分にさせる、という方法も非常に効果的です。

どんなに高飛車な人でも、自分によくしてくれる相手に対しては、好感や親しみを持ちやすく、その分、高飛車な態度も控え目になるようです。

例えば、高飛車な人の「好きだな」と思えるところや「見習いたいな」と思えるところを見つけて、すかさず褒めてあげるようにしましょう。

また、「自分が人からこうしてもらうと嬉しいな」と思えるようなことを高飛車な人に対して、行なってあげるというのもおすすめできます。

「ムカつく相手にそんなこと、できるわけがない」そう思ってしまうかもしれませんが、試しにやってみましょう。

驚くほどの効果を実感することができるはずです。

汝の敵を愛せよ、という言葉があるように、高飛車でムカつく相手に対して、親切で丁寧に接する行為は、愛なしではできない行為でもあります。

そして愛が伴う行為は、それを行った人も、行為を受けた人も、どちらの心も温かな愛で満たすことができます。

最終的には、高飛車な態度を取った人も取られた人も、どちらも救われることになるでしょう。

弱みにつけこまれないように注意する

そもそも、高飛車な人にそういうな態度を取られないようにすれば、ムカつくこともありません。

高飛車の人には、弱みを見せないように気をつけましょう。

うっかり見せてしまったが最後、その弱みにつけこんで、高飛車な態度をとってきます。

高飛車の人に対しては、委縮せずに堂々として、対等に接するように心がけましょう。

高飛車な人を敵に回すと、何かと不都合なことが起こりやすいですし、かと言って味方になると、懐柔されやすく、手下のような扱いを受ける怖れもあります。

敵でもなく味方でもない、そういったスタンスを維持するように努めましょう。

-人の特徴

Copyright© 生き方ラボ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.