金運を上げたい人に是非試してほしい金運アップ法とは?

投稿日:

金運を上げる

人間なら誰でも、「お金はないよりは、あった方がいい」、「あればあるほどよい」と思ってしまうものですよね。

そのため、金運を上げるために、さまざまな金運アップ法を試している方は、驚くほどたくさんいます。

実際に金運を上げることができた人もいれば、さっぱり上げられない人もいるようです。

いったいこの差はどこから出てくるのでしょうか?

いろいろな理由があると思われますが、効果のある方法を試しているか否かということも大きいでしょう。

そこで今回は、実際に数多くの方が試して、「効果があったよ!」という声が多い、そんな金運アップの方法を7つご紹介します。

金運を上げたいと本気で思っている人は、実際に試して、その効果を実感していただければ幸いです。

金運を上げる玄関にする

やはり金運アップと風水は、切っても切れない関係にあると考えましょう。

風水は、単なる占いだと勘違いされている方も多いようですが、実は、占いではありません。

「気」の流れを重視した開運のための環境学です。

特に、風水に基づく金運アップ法は、経済的に成功した方々の多くが実践しています。

金運アップのために試さない手はないということで、これからいくつか風水による金運アップ法をご紹介していきます。

まずは、玄関です。

「家の顔」と言われる玄関は、金運アップの要とも言える大変に重要な場所です。

風水では、玄関は金運と密接に関わっている場所と考えられています。

玄関に問題があると、金運は上がるどころか逆にどんどん下がる一方になる怖れがあるようです。

金運を上げたいなら、金運が上げる玄関にしておくことから、まず取り組んでみましょう。

どんな玄関が金運を上げるのかといいますと、ずばり、訪れた人が「いい玄関だな」、「いつまでもここにいたいな」などといい気持ちになれるような玄関です。

逆に、問題がある玄関とは、訪れた人が見るに耐えず、嫌な気持ちになって一刻も早く外に出たいと思ってしまうような玄関です。

金運の運気である「気」も人の気持ちの「気」も、元は全く同じエネルギー体である、と風水では考えられています。

つまり、人にとって気持ちがいいと感じる場所は、お金にとっても気持ちがいい、と感じられる場所ということになるわけです。

玄関は、その「気」の入り口になります。

玄関は、掃除して常に清潔な状態にしておきましょう。

その上で、以下のような点に気を付けると、風水的には、さらに金運アップが望めます。

・太陽の色に近い明るい照明を選ぶ

・玄関の床に何も置かない(靴は出しっぱなしにせず常に下駄箱に収める)

・観葉植物を置く

・玄関のそばに鏡を置く(すでにある場合はその鏡を常に磨く)

水回りを掃除していつもピカピカにする

風水では、水回りも玄関と同様に、金運と密接と関わっている場所と考えられています。

トイレやお風呂場、台所の流し台、洗面所など、水回りは、常に掃除してピカピカの状態をキープしておきましょう。

その中でも特にトイレは、金運を大きく左右する場所になるようです。

ちなみに、風水の本場中国では、トイレはその家の経済状態を反映する場所と考えられています。

中国の大富豪は、トイレ掃除を毎日行い、さらに便器や便座、蓋の素材を金にして、ピカピカにしているようです。

そのくらいトイレには、悪い運気を流し、金運のよい運気を呼び込む絶大なパワーがあると考えられています。

逆に、トイレを不潔な状態にすると、悪い気が滞って、良い気が入ってこれなくなるので、金運は下がる一方になるようです。

トイレに窓がある場合は、こまめに開けて、換気をよくしておくことも重要です。

悪い気が上に上がらないようにするために、トイレのフタは、常に閉じておくことも欠かせないようです。

また、トイレを掃除する際は、特に便器は素手(手袋をしないという意味)で掃除することが推奨されています。

財布を新調する&大切にする

お財布のよしあしも、金運と密接な関係になります。

もう何年も同じ財布を使い続けている場合は、そのことが金運を下げる要因になっている可能性があります。

ちなみに、春財布という言葉もあるように、財布を新調する場合は、春の時期を選ぶとさらなる金運アップ効果が期待できるようです。

春といっても、厳密には春ではなく、その時期は、12月20日~2月17日、あるいは2月3日~3月5日までと、かなり幅広いです。

また、財布は、二つ折り財布ではなく、長財布を選ぶことも外せないポイントになります。

これは、お札は折るのがよくないとされるためです。

人が手足を折り曲げた状態よりも、手足をのびのびと広げた状態の方が居心地が良いのと同じ理屈のようです。

また、財布の色は、金運を上げるといわれている「黒」、「緑」、「ピンク」、「金色」などを選びましょう。

特にピンクは、金運だけでなく、恋愛運もアップすると言われています。

自分がお金を得るために頑張らなくても、人に愛され、お金を貢いでもらえる運をアップすることができるようなので、とくに女性の方におすすめのカラーと言えます。

それと、せっかく財布を新調したのに、その扱いがぞんざいでは、やはり金運アップが期待できません。

新調した財布を大切に使って、その金運をさらにアップさせましょう。

まずは、家に戻ったら、財布はバッグから出します。

次に、財布の中にレシートがある場合は、それも全て出します。

レシートは不要なものなので、悪い気を呼び込みやすいと考えられています。

同様に、期限切れのポイントカードなども出して処分しましょう。

お財布の保管場所は、北側の涼しい場所がベストです。

財布専用のお布団を用意し、そこに毎晩寝かせてあげるようにするとさらに効果的です。

尚、財布専用のお布団は、Amazonや楽天などのネット通販でも数多く販売されています。

財方に家電製品を置く

財方とは、風水で、金運を招き寄せると言われている方位のことです。

この方位にパワーの強いもの置くと、さらなる強い力で金運を招き寄せる、と考えられているようです。

実は、電気の「気」は、非常に強いパワーを持っています。

そのため、家電製品を財方に置くと、電気のパワーにより、強い力で金運を招き寄せることが期待できます。

家電製品の中でも特にパワーが強いのが、冷蔵庫とテレビのようです。

ただし、財方は、家の玄関の方位によって異なってきます。

玄関が北向きの場合は、玄関の位置に対して東と東南 、南向きの場合は東南、東向きの場合は西南と北 、西向の場合は北と東南になります。

断捨離を実践する

断捨離とは、身の回りの不要な物を思い切って処分することで、生活に調和をもたらすための思想のことです。

具体的には、断捨離を実践すると、物への執着がなくなり、過去のトラウマ(失恋、仕事の失敗など)に対しても執着しなくなり、心が軽くなると言われています。

精神面でのメリットが大きい断捨離ですが、実は、金運のアップにも一役買ってくれると言われています。

風水では、要らない物には、悪い気が宿っていると考えれているからです。

悪い気が多いところには、金運は引き寄せられません。

そのため、部屋に要らない物があふれていて、散らかった状態は、金運を下げてしまうと言われています。

実際、お金に恵まれている人の家の中は、余計な物が何もなく、スッキリと片付いています。

逆に、金運に恵まれない人の家の中は、往々にして散らかっているものです。

散らかった部屋に住んでいると、自然と気分も落ち込んでしまいます。

風水では、お金にも感情がある、と考えられており、人の気持ちが落ち込むようなところには、お金も寄り付きたがらない、と考えることができます。

部屋に、長い間使われていない物がたくさんあると、悪い気が出る一方で、間違っても良い気を出すことはない、そう考えて全てキレイに処分してしまいましょう。

断捨離を一度に行うのが難しい場合は、1日1個でもいいので、徐々に不要な物を捨てていきましょう。

パワーストーンの力を借りる

パワーストーンとは、天然石のことで、その名が示す通り、極めて強い「気」のパワーを持っていると言われています。

このパワーストーンの力を借りれば、より強い力で金運を引き寄せることが可能になるようです。

特に、パワーストーンが付いてる指輪やネックレス、ブレスレットなどのアクセサリーを常に身に着けるようにすると、さらに効果的です。

男性の場合は、ジャラジャラとアクセサリーを身に着けるわけにもいきませんから、パワーストーンの付いたキーホルダーをバッグに入れて、常に持ち歩くとよいでしょう。

パワーストーンの中でも、特に金運アップ効果が高いとされているのが、水晶、タイガーアイ、ルチルクォーツ、アメジスト、シトリンなどです。

その中から、あなたが最も気に入ったものを選ぶと、あなたの気とうまく共鳴することによる相乗効果も期待できるようです。

金運のいい人の特徴を真似る

数ある金運アップ法の中でも、ある意味この方法が最も手っ取り早く、効果のある方法と言えるかもしれません。

金運のいい人というのは、共通したいくつかの特徴を持っています。

その特徴を真似てみることで、あなたも金運のいい人になれる可能性は、十分にあります。

金運のいい人の特徴は、主に以下の通りです。

・好きなこと楽しいことにお金を使う

好きなこと楽しいことをすることで、自分によい気を取り込むことができると言われています。

そのことにお金を使えば、自然と金運をよくすることができるようです。

・人のために喜んでお金を使う

人のために喜んで使ったお金は、何倍にもなって自分の元に帰ってくると言われています。

真偽のほどは定かではありませんが、人のために喜んでお金を使うということが、金運のいい人に共通する特徴であることだけは確かです。

それを裏づける証拠というわけではありませんが、名だたる世界の大富豪の大半は、毎年多額の寄付をしていますね。

・お金を使ったことを悔やまない

お金を使ったことを悔やむといったような、自分の気持ちを沈ませるようなことは、ネガティブな気を呼び込み、結果的に金運を下げてしまうことになるようです。

例えば、「高級レストランで食事をしたけど、値段の割に美味しいと感じなかった」という場合でも、「ここは美味しくないと知れてよかった」とポジティブに考えましょう。

・お金の心配をしない

お金があるからお金の心配をしない、というわけではなく、お金のあるなしにかかわらず、お金の心配をしなければ、自然と金運を上げることができるようです。

いずれにせよ、お金に対してネガティブな感情を持たないようにすることが極めて重要なポイントになるようです。

・節約しすぎない

確かに節約して支出を抑えることで、お金を増やすことが可能かもしれません。

しかし、「金は天下の回りもの」と言われるように、お金は血液と同様に、流れをよくすることが重要です。

血の巡りが悪くなると身体のあちこちに不調が出るのと同様に、お金のめぐりが悪くなると、金運そのものが停滞してしまうようです。

・お金に感謝し大切にしている

お金のありがたみをわかっていれば、自然と感謝することができ、お金を大切にできるものです。

お金も、人と同じで、自分を大切にしてくれる人のところにいたくなるのかもしれませんね。

実際に、お金持ちの中には、お金を使う度に心に中で「ありがとう」と言っている人が多いです。

これは、見習いたい習慣ですね。

以上となりますが、大きく分けて7つの金運アップ法を紹介してきました。

全て試すのは、難しいかもしれませんね。

ただ、できるだけ多く実践すれば、その分だけ金運のアップが望めるでしょう。

あなたが本当に金運を上げたいと思っているなら、後は行動あるのみです。

-生きるための知恵

Copyright© 生き方ラボ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.