彼女に飽きた!もう別れたい!上手な別れ方とは?

投稿日:

彼女との別れ

一説によりますと、恋愛の賞味期間は3年と言われています。

例え、どんなに彼女のことが好きで付き合うことになったとしても、3年も過ぎれば、彼女に飽きて別れたくなることは、十分に起こり得ます。

もちろん、それよりももっと短い期間で別れたくなる場合もあるでしょう。

いずれにせよ、彼女への気持ちが冷めた後は、一緒にいても苦痛でしかありませんし、よく考えれば、相手にも失礼かもしれません。

それに女性は、男性と比べて、年を取れば取るほど結婚相手を探すも大変になるので、その気がないなら早めに別れるのも、優しさと言えるかもしれませんね。

ただ、別れるなら、相手の女性を傷つけないように、穏便に別れたいものですよね。

しかし、「別れを切り出すタイミングや持っていき方がイマイチわからない...」なんて男性も多いことでしょう。

そこで、今回は、彼女と別れたいと思ったときに、ぜひ試していただきたい、上手な別れ方についてご紹介します。

事前に別れの気配をちらつかせる

何の前触れもなく、いきなり別れを告げるのは、ルール違反です。

彼女に与えるショックも大きく、彼女をひどく傷つけることになります。

それにショックのあまりも激しく取り乱されてしまうと、なだめるのが大変です。

場合によっては、結局別れられずにずるずると関係を続けてしまうことになりかねません。

例え別れることできたとしても、なんとも後味の悪い別れになってしまいます。

別れを決意しても、即実行に移さず、相手に心の準備を与える期間を設けましょう。

その期間中に、例えば、彼女と会う回数を徐々に減らす、ラインの返信を徐々に遅らせる、こちらから連絡する回数を減らす、彼女と会ったときに素っ気なく振る舞うなどして、彼女に、別れの気配をちらつかせるようにします。

ただ、あまり露骨すぎるのは、いきなり別れを告げるのとあまり変わらないので、少しずつ少しずつ、相手に変化を感じさせるのがポイントです。

「そういえばこの頃ちょっと変だな?もしかしたら...」と、いったように彼女が気づき始めるそのタイミングで、別れを切り出すようすると、彼女にもそれ相応の覚悟ができているので、互いに冷静に話し合うことが可能になります。

別れをちらつかせながら、少しずつ彼女と距離を置き、自然消滅を狙うという別れ方は、すでに多くの男性が実践しているようです。

しかし、これは決して上手な別れ方とは言えません。

自然消滅という別れ方は、別れたい側は「上手く別れられた」と思っていても、相手側は、決してそうは思えないからです。

別れたくない側にとっては、自然消滅を「酷い振られ方をした」と認識してしまうケースも少なくありません。

根に持たれ、ストーカー行為に発展したり、嫌がらせをされる場合もあります。

このように、自然消滅という別れ方は、別れをうやむやにすることで、いつまでもモヤモヤした気持ちを相手に持たせ続けることになるのです。

ですから、上手に別れるためには、相手にハッキリと別れを告げ、別れたという事実を受け入れてもらう必要があるのです。

また、別れを切り出すまでの準備期間に、あなたの方も別れたい理由や原因を明確にして、気持ちの整理をつけておくことも重要です。

彼女の性格を考慮して、最も効果的な伝え方を模索するのもよいでしょう。

いざ、別れを切り出す段階になったときに、その場の空気や情に流されることなく、「別れる」という確固とした意志を貫くための、意志固めを行っておきましょう。

直接会って別れを告げる

別れを告げるのは、ラインやメール、電話ではなく、彼女に直接会って行うということも、円満に別れるためのコツとして、押さえておきましょう。

彼女との話し合いの場を設け、相手に別れを納得してもらったことを自分の目で確かめることが重要なのです。

例え、彼女への愛情がこれっぽっちも残っていなく、わざわざ彼女に会うために時間を作るのが面倒でも、メールや電話で済ませてしまうのは、やはり彼女への誠意に欠ける行為ですし、彼女に別れを納得してもらえたかどうかもわかりません。

特に、長年付き合ってきたのであれば、会って別れるを告げるのは、最低限のマナーと言えるでしょう。

別れを告げることによるトラブルを避けたいために、メールや電話を利用するのは、自分側の都合であって、相手には通じません。

相手に、不誠実だという印象を与えやすく、恨みを買いやすいので、上手に別れたいのであれば、やはり、直接会って、別れを告げるという方法を選択しましょう。

事情があって、どうしても会って別れを告げることができないなら、手書きの手紙を渡すのも手段の一つではあります。

直筆の手紙であれば、手間がかかる分、ラインやメールよりも誠意が伝わります。

別れる際の手間は、惜しんではいけません。

別れる原因が彼女にある場合でもそのことに触れない

彼女と別れたい原因が彼女にあったとしても、そのことには触れないようにすることも上手に別れるためには、重要です。

別れる原因が彼女にあることを告げてしまうと、彼女を傷つけることになったり、「よくないところは改めるから考え直してみて」と、食い下がられたりしやすいからです。

彼女に、別れの理由を問われたら、自分のせいにしてしまうのが一番です。

例えば、「仕事が忙しすぎて、今は恋愛のことを考えられない」とか「恋愛よりも夢を追いたい」など、あくまでも自分の都合で別れたい、と伝えましょう。

そうすれば、彼女が自分を責めたり、傷ついたりする心配は、まずありません。

また、原因が彼女にないわけですから、彼女の努力では、事態の改善が望めず、別れを受け入れるしかなくなります。

ただ、いくら自己都合で別れると言っても、「好きな人ができた」という理由は良くありません。

例え事実だったとしても、そんなことを伝えたら、「浮気してたのか?」と思われたり、「そもそも二股だったのでは?」と勘違いされ、恨みを買ってしまうことも。

「嘘も方便」ということわざもありますが、女性を傷つけないような理由を考えるも、別れる時のマナーであり、別れを告げる側に課された義務です。

相手を持ち上げるだけ持ち上げる

この方法は、彼女がそこそこいい女で、自分に自信を持っていて、プライドが高い場合にとても効果があります。

例えば、「素晴らしい彼女と一緒に過ごせて、すごく幸せだった。しかし、何もかも未熟で至らない自分が君の彼氏になるのは無理があった。また、他の男に奪われはしまいかと、気の休まる間もなかった。とても疲れた。」

と、可能な限り彼女を持ち上げるだけ持ち上げるなどして、彼女のプライドを満たしてあげるような理由を告げて別れるようにしましょう。

そうすることで、相手は傷つくことなく、それどころか、むしろ気持ちよく別れてもらえるでしょう。

この他にも、「別れることになったその非は、すべて自分にある。あなたは素晴らしすぎて非の打ちどころがない。」という方向に持っていくような別れ方は、すべて一定の効果が期待できます。

別れを告げる際は相手に不満をぶつけない

上手に別れるために、絶対に避けるべきなのが、互いに言い争って別れる、という別れ方です。

そのためにも、別れを告げる際に、相手に不満や文句をぶつけないよう、あらかじめ心しておきましょう。

別れを切り出して、仮に彼女から、この際だからと、不満や文句をぶつけられても、一言も言い返さないように気をつけましょう。

言い返したが最後、罵り合いに発展し、最悪の別れになる怖れが増大します。

何を言われても、真に受けることなく、聞き流すように努めましょう。

そうすることで、彼女も次第に冷静な感情を持てるようになれます。

何を言われても、反論せずにすべて聞き入れる、という態度を示すことで、彼女に良い印象を残すことができます。

特に、別れた後も友達として関係を続けたいと思っているのであれば、なおさら円満に別れて損はないはずです。

感謝の気持ちを表す

最後の最後に彼女への感謝の気持ちを表すことも、上手な別れ方として押さえておきましょう。

付き合っていた頃は本当に楽しく充実していたこと、付き合ったことは自分にプラスになったことなどをあなたの独自の言葉で伝えるようにしましょう。

そして、自分の彼女になってくれたことに対するお礼を述べて、彼女への精いっぱいの誠意を示しましょう。

感謝の気持ちを示すことで、「別れた後も彼の力になってあげたい」と彼女が思ってくれればしめたものです。

運がよければ、今後はセ〇レとして会うことができ、定期的に欲求を満たすことができるかもしれませんよ。

相手が別れたくなるように仕向ける

女性によっては、これまでご紹介した方法が全く通じそうにないと思える場合もあるでしょう。

その場合は、相手の心を冷めさせて、向こうから別れを切り出させる、という方法が効果的です。

例えば、わざとだらしのない格好をする、不潔に振る舞う、センスの悪い服を着る、下品な食べ方をするなどして、彼女に生理的な嫌悪感を覚えさせる方法を試してみるというのはいかがでしょう?

これらの方法は、極めて効果が高いことは確かなのですが、やはりさすがにそこまでは抵抗があるし、プライドが許さない、という方もいらっしゃるかもしれませんね。

そんな方には、束縛する、ギャンブルに入れ込んでいる様子を見せる、マザコンと思わせる、コアなアイドルオタクを装う、などの方法を試してみるのもよさそうです。

もちろん、これらの方法は使わないにこしたことはありません。

しかし、あらゆる方法も通用しなさそうで、どうしてもどうしても別れたい、という場合にのみ、苦肉の策として検討してみましょう。

-恋愛の悩み

Copyright© 生き方ラボ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.