虚栄心が強い人の心理や特徴とは?どんな付き合い方をすべき?

更新日:

虚栄心が強い人

人間ならば誰でも、大なり小なり、「自分をよく見せたい」、「周りからよく見られたいと」いう心理があります。

そういった心理を持つこと自体は、ごくごく自然であると言えるでしょう。

しかし、よく見せようとしても、通常は、本当の自分(実像)と、よく見せたい自分(虚像)との間に、それほど大きな違いは生じないものですし、虚栄(見栄)のレベルも、他人の許容範囲内に収まっています。

しかし、虚栄心が強い人は、違います。

本当の自分と、よく見せたい自分との間に極端に大きな違いが生じるため、虚栄のレベルも、他人の許容範囲を超えてしまう点が問題だと言えるでしょう。

それにしても、なぜ虚栄心がそんなに強くなってしまうのでしょうか?

その答えを探るべく、虚栄心が強い人の心理や特徴を一緒に見ていきましょう。

さらに、虚栄心の強い人との付き合い方や対処法についてもお伝えします。

尚、この記事は、「周りに虚栄心の強い人がいて困っている...」という方だけでなく、自分自信で虚栄心が強いことを自覚しており、「虚栄心をなくしたい…」という方にも、虚栄心が強くなってしまう理由や原因をよく理解できる、という点では、大いに役に立つでしょう。

虚栄心とは?

虚栄心とは、実質以上に自分をよく見せようとする心、という意味です。

いわゆる見栄をはってしまう心のことです。

虚栄心は、他人から見られる自分を意識することで、持ってしまう心と言えるでしょう。

他人にどう見られようと平気な人は、見栄をはる必要がないので、虚栄心とは無関係と言えます。

しかし、人間とは、元来、他人にどう見られているのか?が気になる社会性のある生き物です。

我々人間が社会生活を営んでいる限りは、「他人の目が気になる」というのが自然です。

逆に、「他人の目が全く気にならない」というのは、それはそれで問題ありと考えるべきでしょう。

状況によっては、虚栄心を持ってしまうこともある、すなわち、見栄をはってしまうこともある、ということは、人間である以上、仕方のないことだと、多くの人が理解できています。

そのため、誰しも、虚栄心そのものに対しては、あまり抵抗がありません。

しかし、理解を超えるほど強すぎるレベルの虚栄心には、激しい抵抗を覚え、そのようなレベルの強い虚栄心を持つ人に、嫌悪感や不快感を抱きます。

虚栄心が強い人とは、できることなら、関わらない方が身のためです。

しかし、仕事の上司や同僚、取引先の相手など、どうしても関わる必要のある相手が虚栄心の強い人であった場合は、無用なストレスを避けるためにも、うまく付き合う方法や対処法を考える必要があると言えるでしょう。

虚栄心が強い人の心理や特徴

虚栄心の強い人には、以下のような4つの心理や特徴が見られます。

ブランド志向が強い

これは、虚栄心が強い人によく見られる特徴の一つです。

逆に言えば、虚栄心の強い人は、見るからに安物とわかる品や、それなりに高価でも、ノーブランドのものを極端に毛嫌いしやすい、という特徴があるとも言えます。

これは、ありのままの自分に自信がない、ありのままの自分に劣等感を持っている、という心理状態の表れです。

「虎の威を借る狐」ということわざもあるように、虚栄心が強い人は、自分に自信がない、あるいは「自分には価値がない」という劣等感を持っているために、自信のなさや劣等感をカバーするために、どうしても、高級ブランド品の価値に頼ってしまうことになるようです。

そして、高級ブランド品を持っている自分を周囲に強烈にアピールします。

同様の心理から、権力者や有名人などの価値に頼ってしまう場合もあります。

例えば、「自分は権力者と親しい」、「自分の親戚に有名人がいる」などと周囲に吹聴するのも、虚栄心の強い人によく見られる特徴と言えるでしょう。

しかも、実際は、権力者と親しいといっても、挨拶を交わす程度の交流しかなかったり、有名人の親戚といっても、限りなく他人に近いような遠縁の親戚などである場合が大半です。

まるっきり虚言である場合もありますが、いずれにせよ、いかにも誇らしげに吹聴する点は、ほぼ同じです。

常に自分が人より勝っていたい

虚栄心が強い人は、とても負けず嫌いです。

他人と比べることでしか、自分の価値を判断できないため、必然的にそうなってしまうようです。

他人と比べて優れている、勝っている自分にのみ価値を見出すことができます。

そして、常に自分が他人よりも優れている、勝っていることを、周囲に知らしめるため、度を超すレベルの見栄をはってしまうようです。

逆に、虚栄心の強い人にとって、他人と比べて劣っている自分は、価値のない自分なので、そんな自分を自分として認めることができません。

その結果、激しい劣等感や恐怖心に苛まれてしまうようです。

そのような激しい劣等感や恐怖心をはねのけるための手段とし、度を超すレベルの見栄を張ってまで、いかに自分が優れているのかを周囲に見せつけようとします。

ありのままの自分を見せられない

虚栄心が強い人は、ありのままの自分を見せることに激しい抵抗があります。

これは、ありのままの自分に自信がない、劣等感を持っている、という心理の表れです。

ありのままの自分を見せたら、他人にバカにされる、他人の評価が下がる、他人から嫌われる、などといった恐怖心を抱いてしまうようです。

その結果、度を超すレベルの見栄を張ってまで、ありままの自分を隠そうとします。

自分の置かれている状況に満足できない

虚栄心が強い人は、自分の置かれている状況に満足できず、恥ずかしいと思っている場合も多いです。

そういった自分の満たされない気持ちをなんとかして満足させたい、という心理から、虚栄心が強くなってしまう場合もあるようです。

例えば、自分の収入に満足できず、恥ずかしいと思っている場合は、長期に渡るローンを組んでまで、収入をはるかに上回るような金額の高級バッグや車を手に入れようとします。

恋人がいない状況に満足できず、恥ずかしいと思っている場合は、恋人代行サービス(レンタル彼女・レンタル彼氏とも言います)を利用し、誰もが羨ましがるようなタイプの恋人をレンタルし、その恋人とのラブラブな写真をSNSなどにアップするようなことをしてまで、自分の満足できる状況を手に入れようとします。

虚栄心が強い人との付き合い方

虚栄心が強い人とは、距離を置くのが一番よい対応方法です。

特に、恋愛の相手としては、到底おすすめできません。

しかし、職場の同僚や同じグループの友人の中にそういう人がいる場合、関りを持たざるをえませんね。

そんな場合は、以下の3つの点に注意しながら、対処したり、付き合い方を工夫してみるとよいでしょう。

指摘や批判、否定は避ける

虚栄心が強い人と話をする際には、あきらかに見栄をはっているとわかっている場合でも、見栄をはっているという事実には、触れないようにしてあげましょう。

このことは、虚栄心が強い人との付き合い方としては、絶対に外せないポイントになります。

間違っても、「それって話を盛ってない?」、「また~見栄ばっかり張って~w」というようなことは、例え冗談でも言ってはいけません。

ましてや批判や否定、非難などはもってのほかです。

虚栄心が強い人の心を著しく傷つけてしまうことになるからです。

言ってしまったが最後、その人との人間関係はそこで終わりになってしまう怖れがあります。

むしろ、そうなった方が好都合の場合は、あえて事実を指摘してみるのもよいかもしれません。

しかし、後味はあまりよくはないでしょう。

虚栄心が強い人は、ただ単に自分をよく見せたいだけであって、人に対する悪意などまったくない場合が大半です。

本質は気の弱い善人であることを理解してあげましょう。

他の人を褒めない

虚栄心が強い人の前では、他の人を褒めることは極力避けましょう。

虚栄心が強い人は、自分以外の人が褒められると、自分の劣等感が刺激され、不愉快になってしまうからです。

当然、あなた自身の自慢話もNGです。

負けず嫌いで、常に自分が勝っていたい人だということを理解して、いたずらに相手の劣等感を刺激するような言動はすべて避けた方が賢明です。

虚栄心の強い人は、自分の劣等感を刺激されると、それをカバーするために虚栄の度合いがますますエスカレートして、収拾のつかない状態に陥りやすくなるようです。

そうなると付き合うのがますます厄介になってしまうため、その点はくれぐれも注意しましょう。

承認欲求を満たしてあげる

虚栄心の強い人は、自分のことを誰かに認めて欲しいという、承認欲求が人一倍強い人でもあるので、とにかくその欲求を満たしてあげられるような付き合い方が望ましいです。

例え、あからさまに見栄をはっているとわかっても、「そうだね」、「そうなんだ」と、受け入れてあげましょう。

忘れてはいけない点として、虚栄心が強い人が本当に認めてもらいたいのは、ありのまま、すなわち等身大の自分です。

「ありのままの自分は誰にも認められない」といったような怖れがあるため、見栄をはってしまう、そんなふうに理解してあげることも大切です。

見栄をはっている部分ではなく、相手の素の部分や等身大の部分をピックアップし、そこを褒めてあげたり、感心して示してあげたりという付き合い方が双方にとって最も理想的と言えるでしょう。

以上となりますが、虚栄心の強いとうまく付き合っていくには、「なぜ虚栄心が強くなってしまうのか?」をよく理解してあげることが大切です。

そういう人たちの心理をよく理解できれば、嫌悪感も幾分でも和らげることができるでしょう。

-人の特徴

Copyright© 生き方ラボ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.