行動あるのみ!退屈な人生を変える方法とは?

更新日:

退屈な人生

毎日毎日同じことの繰り返しで、刺激になる出来事もなければ、特に生きる目的や理由もなくて、退屈で退屈でたまらない…

このように感じている人は、割と多いのではないでしょうか。

せっかく一人の人間として生まれてきたのだから、大きな夢を持ったり、ドラマのような恋愛をしたりなど、刺激をある人生を送りたい!そう思うのが普通かもしれませんね。

この記事では、退屈な人生を変える方法について紹介をしていきます。

できるだけ多くの人の参考になるような方法を挙げているので、老若男女とわず一読してみて、是非参考にしてみてください。

新たな視点で自分の人生を見てみる

「人生が退屈でつまらない…」と感じる人は、もしかしたら価値観や考え方に問題があるのかもしれません。

多くの人は、平穏で変わりのない日々を過ごしていますね。

平凡な生活に、時には物足りなさを感じてしまうのも、しょうがないことなのかもしれません。

しかし、平穏な日常に幸せを感じ、満足をしている人は、決して少なくありません。

普段から平凡な生活を送っているからこそ、たまに刺激的なことがあると、それに感動したり、喜んだりすることができるんです。

言うならば、それこそが人生なんです。

何が言いたいのかというと、「今の生活は退屈かもしれないけど、そんなに悪くないのでは?」という、新たな視点で自分の人生を見てみることで、退屈から脱却することができるかもしれません。

具体的な方法としては、波乱万丈な生き方をしている人たちの自伝本などを読んでみるとよいでしょう。

特に、成功している人たちというのは、大半が波乱万丈な人生ですね。

そういう人たちの自伝本を読んでみて、「このように生きていくことが自分にできるだろうか?」と問いかけてみてください。

平凡な人生を送れることがどれだけ幸せなことなのか?に気づき、自分の人生に満足できるようになるかもしれませんよ。

それにより、これまで退屈だと思えていた日常も、違った視点から見れるようになるかもしれませんよ。

もしくは、「波乱万丈こそ我が人生!」と思うかもしれませんね。

そう思うなら、そういう人生を歩むのもよいでしょう。

いろんな人と交流を持つようにする

退屈な人生を変えるには、いろいろな人とコミュニケーションを取るのもよい方法です。

この「いろいろな人」というのがポイントです。

特定の人とばかり交流していると、変化も刺激も少ないものですが、新しい友人や知人を増やし交流していくと、どんどん人付き合いが楽しくなってきます。

特に、専業主婦などの方は、育児や家事などに追われて、なかなか家族やご近所さん意外の人と接する時間が持てない、というケースも多いことでしょう。

こうなると、人生が退屈だと感じてしまうものです。

しかし、事情があっていろいろな人と交流できない人でも、SNSを利用すれば、いろいろな人たちと交流することが可能になります。

ただ、SNSと言っても、FacebookやLINEは、これまでに交流があった人としか繋がれませんね。

旧来のコミュニティというのは、色々と面倒なことも多いもの。

そこでオススメしたいのが、Twitter(ツイッター)です。

こちらは、実名でなくても始めることができますし、共通の趣味や思考を持っている人と気軽につながり、様々な情報を得ることができます。

Twitterは、知らない人をフォロー(読者になる)して、ツイート(つぶやき)を見たり、リプライ(つぶやきに対してコメントする)を飛ばしたりするのが醍醐味。

Twitterをやったことがない人からすると、知らない人をフォローするのは気が引けるかもしれませんが、Twitterユーザーは、皆そうしていますし、ルール上もまったく問題のない行為ですから、気軽にやってみましょう。

趣味を見つける

「退屈な人生を送っているな~」と感じるのであれば、何か熱中できる趣味を見つけるといいでしょう。

趣味を持ち、それを楽しんでいる人は、人生が退屈だと感じる暇などありません。

仕事の時ですら、趣味ことを意識しているほどです。

問題は「どういう趣味を探すのか?」という点。

自分に合った趣味を見つけるのが一番です。

ですが、趣味というのは、新たに探そうとしてもなかなか見つからないものですね。

しかし、実際に何かをやってみないことには、それが楽しいかどうかわかりませんね。

少しでも興味のあることや、周りから誘われたことには、積極的に挑戦してみましょう。

例えば、会社の同僚からバーベキューに誘われたら、あまり乗り気はしなくても、とりあえず参加してみましょう。

それがキッカケで、キャンプや登山などのアウトドアにハマってしまうというケースも、決して少なくありません。

今の人生がすごく退屈に感じるなら、やはり没頭することができる、ハマれる趣味を持つことが大事ですが、そう簡単には見つかりませんね。

ただ、自ら探そうとしなければ、永遠に見つからないかもしれません。

とにかく、いろいろなことに挑戦することが大切です。

刺激のあることに挑戦してみる

「退屈だ~」と感じる状態は、言い換えれば、日々同じような生活・仕事・ルーチンの繰り返しで、人生に刺激がなくなっている状態です。

刺激を感じ、新鮮さを味わうためには、これまで挑戦したことないような、刺激のあることに取り組んでみるのもよい方法です。

世間一般的に「刺激的」だと言われているような体験を味わってみると、あなたの価値観がガラリと変わって、人生が一変するなんてことが起こってしまうかもしれませんよ。

でも、「刺激があることってどんなこと?」と思われたかもしれません。

これについては、個人の価値観や感性によっても変わってきますが、一般的には、以下のようなことは、刺激的だと言えるのでないでしょうか。

バンジージャンプ

バンジージャンプは、日本国内で体験できる最も刺激的なことの一つです。

料金がわりと高い(1万円ほど)ですし、バンジージャンプ体験ができる場所も限られているので、少し面倒かもしれませんが、やってみる価値は大いにあるでしょう。

実勢に、バンジージャンプを体験する前と後とでは、「価値観が180度変わった」との意見も多いです。

強烈な体験ができますし、思い切ってチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

一人旅に出る

一人で旅に出るという行為は、ツアーで参加するような団体旅行などでは味わうことができない体験をすることができます。

特に、英語が苦手な我々日本人が一人で海外に行くのは、勇気もいりますね。

しかし、だからこそ刺激があるし、無事に日本に帰国した時には、大きな達成感を得ることもできるんです。

また、海外の文化に触れることで、人生観が変わり、退屈な人生を変えるキッカケが見つかる可能性もあるでしょう。

もちろん、外国語にアレルギーがある人が無理をして海外に出る必要はありません。

日本国内の一人旅であっても、十分な刺激を味わうことができるはずです。

大切なのは、一人で行ってみる、ということです。

クラブやライブハウスに行く

平凡な生活に刺激を加えたいなら、クラブに行ってみたり、ライブハウスに行ってバンドや地下アイドルなどのライブを聴いてみてはいかがでしょうか。

特に、札幌、東京、愛知、大阪、福岡などの大都市では、クラブやライブハウスが林立しており、毎日のようにイベントがあります。

地方であっても、1つの県に1つはクラブやライブハウスはあるものです。

「これまでクラブやライブハウスなんて行ったことがない…」なんて人は、不安を感じるかもしれませんね。

が、クラブでお酒を飲んで音楽を聴きながら踊ったり、ライブハウスでライブを聴くという体験は、これまで味わったことがない人ほど強烈なものになります。

強烈な体験といのは、人生観が変わる大きなキッカケになりやすいんです。

勉強やスキルアップの時間を作る

退屈な人生を変えるために、趣味や人との交流なんかで時間を潰すのは、なんだか有意義じゃない気がする…

そのように感じる方は、将来に活かせるような勉強をする時間を作ってみるといいかもしれません。

資格の通信講座などが真っ先に思い浮かぶかもしれませんが、本当に必要な資格や知識などは、講座では得られないこともしばしば…。

費用も安くはありませんから、まずは、書店に行き、やりたいことに関する書籍を買って読んでみるといいでしょう。

読書時間中や勉強時間中は、少なくとも退屈だとは感じないはずですし、将来に向けた前向きな行動をしているのですから、虚無感を味わうこともないはずです。

以上、退屈な人生を変えるための具体的な方法をいくつか紹介してきました。

いかがだったでしょうか。

この記事で紹介したのは、退屈な人生を変える方法のほんの一部にすぎません。

人によっては、日常の些細な出来事がキッカケで、人生観が変わり、道が開けるなんてこもあるわけです。

ただ、そういう経験ができるのは、圧倒的に行動力のある人に多いです。

考えるだけでアクションを起こさないことには、何も変わらないということですね。

-生きるための知恵

Copyright© 生き方ラボ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.