向上心がない人の心理や特徴とは?向上心を持たせる方法は?

更新日:

向上心のない人

あなたの周りにも、向上心がない人っていませんでしょうか。

例えば、

・ビジネスや仕事などの場面

「チームやグループ全体で物事を成功させようとしているのに、やる気が感じられず、最低限の仕事しかこなさず、積極的に動こうとしない人がいる。」

・家庭内や恋愛関係での場面

「受験を控えた子供が ”適当に勉強して入れる学校でいい” などと言っている。」

「夫が将来に向けたビジョンをもっておらず、今後のライフプランがうまく組立てられない。」

「彼氏が昇進に興味がなく、このまま付き合っていても明るい未来が見えない。」

などなど、向上心のない人は、様々なシーンで出会いますが、そのやる気のなさにうんざりし、時には非常にイライラさせられてしまいますね。

特に、向上心がある人からすると、「むかつく存在」になってしまっているかもしれませんね。

それにしても、向上心がない人は、なぜもっと上を目指さないのでしょうか?

それには、どんな心理が働いているのでしょうか?

それらをよく理解してもらうために、これから向上心のない人の特徴と挙げていきます。

次に、そういう人に向上心を持たせる方法について説明を致します。

身近な人に向上心がなくて困っている人だけでなく、「なぜ自分には向上心がないんだろう?」と悩みを抱えている人にも、この記事は役に立つでしょう。

向上心がない人の特徴

向上心がない人って、一体どんな人なのでしょうか?

心理的なことを踏まえつつ、そういう人たちによく見られる8つの特徴をこれから挙げていきます。

ネガティブ思考

向上心のない人は、一見すると将来をまったく悲観しておらず、楽観的に生きているように見えがちです。

しかし、実際はとてもネガティブ思考で、将来や現状を悲観している、だからこそ向上心がないというケースが多いです。

最初から何をやってもダメだと思っているから、向上心が持てない、と言った方がわかりやすいかもしれませんね。

こういう人は、自分に自信が持てず、仮に自分がやる気を出して頑張ったとしても、仕事などに貢献できず、将来成功をすることもできないと諦めている傾向にあります。

欲がない

向上心がない人の中には、欲がない人も多いです。

こういう人は、会社で同期が次々と昇進していく姿を見ても、「普通に生活できてるし、今の状態でいいや」と、今の状態に満足してしまいます。

誰だって、「今が最高」とまで思っていなくても、「今の状況って割といいかも」くらいに思っていたら、より高い場所を目指そうという気力もおきませんよね。

そういう意味では、このタイプは楽天家だと言ってもいいのかもしれません。

「今がよければいい」と言った発言をするタイプの人も、現状にある程度満足を覚えている人と考えてよいでしょう。

「無理して生きたくない」という価値観

「ハードに働く辛い毎日を送るくらいなら、例え収入は少なくても、きつさを感じない程度に働きたい」このような考えも、向上心のない人の特徴と言えます。

特に、体が弱かったり、心身面で何らかの持病をかかえている人は、ハードに働くことを嫌う傾向にあります。

自分の体力やメンタルに自信がないわけですから、「体を壊さない程度に仕事量や情熱を抑えておきたい」という心理が働くも、仕方がないのかもしれません。

これも生き方の一つとは言えますが、こういう人と結婚をすると、生活が安定せずに離婚に至る、なんてことも無きにしも非ずです。

何も考えていない

単純に何も考えていない場合も、向上心がない人になりがちです。

日々を漫然と、特に何も考えずにぼーっと生きているようなマイペースな人は、がむしゃらに働こうとはしません。

将来についても、特に深くは考えていません。

「どうにかなるだろう」という楽天家タイプと少し似ていますが、何も考えていないタイプの人の場合、そもそも将来自体をあまり意識していません。

また、自分が意識の低い言動をしていることで、周囲の足を引っ張っているという自覚もないのが特徴です。

過去の失敗体験をひきずっている

昔は向上心に溢れていて、生き生きとしていたのに、すっかり向上心をどこかに置いてきてしまっている…そんな人もいますよね。

こういうタイプは、過去の失敗やトラブルがトラウマのようになってしまっています。

そして、「向上心を持って頑張っても、どうせまた失敗してしまう」などと臆病になってしまっているのです。

不平不満が多く愚痴っぽい

何かと周囲や環境に対して不満を抱き、愚痴っぽい人間も、向上心のない人の典型例です。

こういう人は、基本的に人のせいにしがちで、トラブルなどを周囲のせいだと思い込み、自分に原因があるとは思いません。

「自分だけが頑張っても、どうせ職場環境や同僚などのせいで失敗してしまう」と思っているからこそ、自分から率先して動こうとはしないわけです。

意識高いのがカッコ悪いと思っている

向上心がない人というのは、「意識が低い人」と言い換えることもできますね。

意識の低い人というのは、意識高い系が苦手だったり、嫌いだったりする傾向があります。

高い意識とモチベーションを持っている人を、少し小馬鹿にすらしています。

こういう人は、学校行事でも必ずいましたよね?

「おまえら何本気出してんの、だせぇ」などと水をさすひねくれものが。

こういう中二病的な思考を大人になってもそのまま引きずっている場合、「ビジネスなどで頑張るのはダサい」と思ってしまう人間になってしまいます。

うつ病などの心の病

向上心のな人の中には、うつ病などの心の病気を患っているケースもあります。

特に、「昔は向上心があったのに、今はない」という人は、性格や考え方が原因というよりは、うつを患ったことが理由で、やる気が起きないケースのほうが多いと言えそうです。

うつ病を患っている人に中には、昇進への影響などを恐れて、会社に内緒にしているケースも決して少なくありません。

何でもかんでも、「向上心がない=性格や考え方の問題」と決めつけてしまうのは、真実を見落としてしまう恐れがあるということですね。

向上心を持たせる方法

向上心のない人にも、様々な特徴や原因があることを紹介してきました。

ただ、どんなタイプであろうと、「向上心がない」ということに変わりはありません。

できるだけ向上心を持ってもらい、少しでも仕事や家庭、社会に貢献してもらいたいなら、以下の3つの対処法を試してみてください。

やってもらえることだけを任せるようにする

社会人で向上心がない人は、決して自分の仕事をやらないわけではありません。

必要最低限しかやらない、というのが彼らの処世術であって、仕事そのものをサボるわけではないのです。

※もちろんサボろうとする人もいますが、それは人事レベルでどうにかすべき問題でしょう。

そこで、向上心がない人に対しては、「自発的に多くの仕事をしてもらうのは諦める」というのも一つの対処法です。

「おまえの仕事はこれだ!」と仕事を割り当て、「それをきちんとこなしてくれればいいから」くらいの認識で接するのです。

つまり、自発的に何かをやってもらうことを期待するのではなく、こちらで具体的にやってほしいことに対して指示を出し、それだけをきちんとやってもらう、ということです。

一つのことをキッチリこなす、それ繰り返していくことは、小さな成功体験を積み重ねているのと同じです。

小さな成功体験を積ませて上げれば、向上心を持てるようになるかもしれません。

褒めて役に断っているきちんと伝える

「意識が低い」、「向上心がない」という欠点ばかりに目がいくと、「褒めてなんかやらない」と思ってしまいがちです。

しかし、向上心はないにしても、やるべきことをやっているのであれば、十分褒めるに値するはずです。

特に「自分なんかいなくてもどうにか仕事は回っている」そう思ってやる気をなくしている人には、少しのことでも褒めてあげる、ということがすごく大事なんです。

意識が高い人から見ると、「努力が足りていない」と感じてしまうかもしれませんが、タスクをこなしているのであれば、役には立っているはずです。

高い理想を基準にして評価するのではなく、本来やるべき範囲のことをやっているかどうかという基準で評価してあげるようにしましょう。

もちろん、やるべきことをやっていない場合には、きちんと叱責し、改善させることは大事です。

向上心のない人を褒めたり評価したりする場合、他の人は比較しないことも大事です。

向上心がない人は、自分の中での価値観・基準で生きており、それで満足している傾向があります。

「こいつのようになれ!」などと説教をしてしまうと、ますますやる気は下がっていく一方です。

将来を一緒に真剣に考えてみる

向上心のない人は、現状に満足していたり、将来についてまったく考えていなかったりするものです。

ですから、彼らが将来について真剣に考える手助けをしてあげる、ということがモチベーションを生むための第一歩となります。

子供に対して、自分の理想を押し付けるだけっていう教育をしていませんか?

同僚や部下の将来について、親身になって話を聞いたことはありますか?

将来をきちんと考えていない人は、きちんと考えるための材料や機会にあまり恵まれていないだけなのかもしれません。

将来について、あまり熱くなりすぎない程度に、しかし相談には真剣に乗ってあげ、彼らが将来を見つめるための手助けをしてあげるようにしましょう。

以上となりますが、向上心がない人にモチベーションを高めてもらうには、一筋縄ではいきません。

時間はかかるかもしれませんが、付き合い方にひと工夫を加えれば、徐々に変わってくれるはずです。

-人の特徴

Copyright© 生き方ラボ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.